2013年01月31日

冬の日の2013

やっと来ました給料日、そんな週末は、いつもにも増してワクワク気分でしたが、
給料日当日を飲み会+αで過ごしたらば、
二日酔いと足をケガしたせいで、翌日の休日はダラダラと過ごすハメになったのは、
もったいない…と言うべきか、それともゆっくり出来たと言うべきか。

ともあれ、そんな週末の模様をつらつらと。


飲みの時間は深夜、会場はJR立花ながら、
まずは昼過ぎから西宮北口に繰り出す。
真っ先に、前髪を切ってもらうべく、目をつけていたサロンへ。

その、「Edge」なる駅前に位置する美容室では、
表のメニュー表にはないけれど、前髪は525円で切ってくれる。

しかもしかも!今まで美容室で前髪(だけ)を切った中では、ダントツ好みな仕上がり!
南船場となんばで1回ずつ切ったことがあるけれど、
その時は短過ぎたり長過ぎたりだったのに、
今回は本当にドンピシャな長さにしてもらえて、本当に満足。

割と近場でいいサロンに出会えるとは…。
こちらは月1くらいで前髪切りに通おうっと!
いずれは全体のカットもお願いするかな。


カフェその1…「Sabio cafe」@西宮北口

1度訪れたことがあり、その際、雰囲気とベーグルの美味しさに惹かれたこちらにて、昼夕兼用のごはんを軽く。

ハチワレ模様の看板猫、とんちゃんが跳ね回る、ほっこりテイストの店内にてお願いしたのはもちろん、そのベーグルの、

「サビオセット」(写真1枚目)

なり。

ほぼ全種から選べるベーグルサンドに、スープ、ミニケーキ、ドリンクがついて1000円と言うこちらのメニューは、何ともお値打ち。
かなり悩んだ末、ベーグルは「サーモンとアボガド」を選んだ。

メニューをリニューアルしたらしく、以前頂いたものよりも大ぶりになっていたベーグルは、
しかし外側カリッ、内側モチッとした絶妙な食感は変わらず、
そこに、香草ソースが絡んだスモークサーモンや、アボガドのまろやかさが渾然一体となって、何とも美味しい。
食べながら幸せな気分に。

以前は若干塩辛さを感じたじゃがいものポタージュも、
今回はいい塩加減になっていて、これも美味しく頂いた。

ケーキはスフレチーズ。かなりあっさりした味わいやったが、
ボリューム大なベーグルの後にはむしろこれぐらいで。
コーヒーも、前に飲んだ時よりも好みの味になっていたので、最後まで美味しく頂けた。

雰囲気もやはり素敵だったし、色々な種類のベーグルも食べてみたいし、
先の美容室と共に、月1コースにしちゃおうかな…。


その後、西宮ガーデンズとBOOK・OFFをブラブラしたのち(ゲットした【高橋歩】の本と【池波正太郎】のエッセイが良い!)、
22時過ぎくらいに、実は割と久々にこちらに訪問。


カフェその2…「廣屋珈琲店」@甲子園口

夜遅くだと言うのに店内はほぼ満席で、オーナーはかなり忙しそう。
私は特段急ぐ訳でもなかったので、

「濃厚チーズケーキ」と「濃口ブレンド」(写真2枚目)

を頼んで、ゆるりと待つ。

前は、私にとっては苦味の強過ぎた濃口だったけど、
今回は、もちろん苦さはガツンと感じつつも、美味しく頂けた。
…今更ながら、舌が大人になったのかしらw

チーズケーキはやはりの濃厚っぷりで、
先に食べたものとはテイストも違う分、美味しく頂きました。
舌の上で蕩けるような味わいは、やはり逸品。


そうして閉店時間の23時においとまし、甲子園口駅から一駅、立花へ。


飲み会…「鳥貴族立花店」@立花

人数が8人いたので、8人から頼める食べ飲み放題コースでガッツリと。
…食べ放題とは言え、最初に決まったメニューが山盛り出てくるので、それだけで割とお腹いっぱいにw
なので、飲むほうで元を取りました。
初めの内はもちろんビールにしていたけれど、のちに飲んだゆずはちみつサワー旨っ!
それと共に頬張るジャンボ串(写真3枚目)旨っ!
デザートのトリキプリン(写真4枚目)旨っ!!

そんなこんなで飲み食いした結果、割と皆ベロベロになった為、二次会のカラオケでは結構なやりたい放題w

『女々しくて』→『TRAIN- TRAIN』→『勝手にシンドバッド』→『夏の日の1993』→『シングルベッド』を、
完璧に歌い切った20歳男子にMVPは譲るとして、
後はデュエットするやら寄り添うやら寝るやらww

ちなみに私と某男性は互いに膝枕しあいっこしてましたww
若干ドキドキしましたwww

特に、私が相手の膝に頭を置いていた際に、髪を撫でていてくれたのと、
流れている歌に合わせて、私がその膝を軽くつついてリズムを取っていたらば、
同じリズムで頭をつついてくれていたのには、
若干…いや、かなりドキドキしましたとも!www

30にもなってこれとは…つくづく恋愛経験薄過ぎますなぁww
しかもそれで調子に乗っていたせいか、うっかり体勢崩した瞬間に、膝から異音が…w

この記事を書いている今現在、ほとんど何ともなくなっているので、
ただの捻挫か何かだったとは思うんやが、つくづく鈍臭いww

そして、この記事を書いている今現在…まだドキドキしているwww
つくづく芋臭いwwww



ある種の締めラーメン…「らーめん専門 和海」@武庫川

で、そんな翌日は二日酔い&前述の膝が、さすがにびっこを引く状態だったので、
夜まではウダウダしていたんやが、
こちらのお馴染みの店が、限定メニューを出すと言うので、
足を引きずりながら向かいました。

開店30分前で10人以上の待ちだったが、
前のご家族に順番を譲って頂け、久々に一巡目に滑り込めた。
その節はありがとうございました!

そうして無事に限定の、

「温シソ・ウメーノ」(写真5枚目)

にもありつけ、舌鼓。

夏に冷製和え麺として出していたこちらを、今回は温かい仕様で提供。
梅の苦手な私にとって、梅が別添えなのはありがたい。

シソ、ナッツ、ニンニクの風味が効いたタレを熱々の麺に絡めて食せば、さながら和製ジェノベーゼ。
夏に、梅と聞いて敬遠していた私が、食べた瞬間にハマった絶品な味わいが、十二分に再現されていた。

また、こうした和え麺で頂く鶏チャーシューは、レアっぷりが更に素晴らしく、
その口当たりと旨味はまさに至福。

最後は締めごはんまでしっかり頂き、タレの一滴まで味わい尽くしました。

二日酔いにも効いた締めラーメン…と言うか、休日を締めたラーメンと言うかww



ダラダラ過ごした分はもったいなくありつつも、
ちょっとした足の痛みと、ちょっとした胸の動悸と、
それ以上の存分な幸せを味わえた休日でございました。

…ちなみに、給料日直後、どころか当日の休日だったと言うのに、
懐のほうは既に激痛が走りかけているのは、いったいどう言うことなんでしょうかねwww
DSC_0276.JPGDSC_0278.JPGDSC_0280.JPGDSC_0281.JPGDSC_0284.JPG
posted by まゆみ at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

○ ←月と玉子と丸印

寝坊、無事に回避。


…いやはや、前週の神戸に赴く日の寝坊っぷりは、我ながら驚いたw
その轍を踏まぬよう、その翌週の休日は、きちんと時間通りに起床しました。
そんなこの日に向かうのは、京都。
目的は、

【Jizue】etc.. @京都MUSE

のライブ!
何せ今年初の彼らのライブ、行ける日行ける場所と来れば、行かない訳にはいくまい!

と言う訳で一路、京都へ。
…ちなみにこの日は、一段と寒かった日。
況してや、冷え込みの厳しい京滋…ブルっちまったぜ、文字通り。


昼ラーメン…「麺屋○竹」@丸太町

京都御所近く、お肉屋さんの奥にあるこちらのラーメン屋を初訪問。
ランチもやっているお肉屋さんの中を通り抜けてラーメン屋に向かうのだが、
横目で見やったステーキ定食が何とも旨そうで、誘惑されかけたw

ともあれ、それには負けずに、

「中華そば」(写真1枚目)

の食券を無事に購入。

割と手早く供されたラーメンは、肉屋併設のイメージとは裏腹に、魚介のしっかり効いたもの。
じんわりとした味わいはなかなか。
ただ、私にとっては粗びき胡椒が少し入り過ぎだったかな。

中太ストレート麺は、シコシコ食感がこれまたなかなか。
炙りチャーシューは、こちらはさすがお肉屋さんと言うべきか、ジューシーで旨かった。
メンマやもやしを纏めて啜った際に、口の中で様々な触覚が広がるのは小気味良かったな。
あおさのりをスープに溶かすと、風味が増していたのもまた良し。

最近の私の嗜好に合う、落ち着いた味わいの一品でございました。


カフェその1…「喫茶マドラグ」@烏丸御池

惜しくも閉店してしまった老舗の喫茶店「セブン」の店舗を受け継ぎ、
半ばそのまま、半ば改装をしたお店がこちらのマドラグ。

外観、内装共にレトロ喫茶店の雰囲気ながら、
天井を高くとっている為か、何処か明るいイメージもあり。
これまた喫茶店風情の様々な椅子(木屋町にあった名曲喫茶より受け継いだものも)が並ぶのも、何となく楽しい。

ほとんどの席の横に本が並んでいるのだが、奥は本が特に沢山あったので、そちらに座る。
そして、これまた京都の洋食屋、「コロナ」から受け継いだと言う、

「コロナの玉子サンド」と「ブレンドコーヒー」(写真2枚目)

を頼む。

…噂には聞いていたが、供されたのを見て、その厚みにはビックリ。
ラーメン後にこれは大丈夫かな…と一瞬不安になるも、
見た目通りにふわふわな玉子が美味しくて、気がつけばペロリ。
幼少の頃、親に連れていってもらった喫茶店にて、玉子サンドを好んで食べていたことをも思い出し、
何処か懐かしい気分にもなった。

コーヒーは私の好みより酸味のあるタイプだったが、
ミルクと砂糖を入れると、サンドイッチにはピッタリの味わいになったので、まぁ満足。

昼下がり、それらと沢山の本でゆったり…はしていたんやが、
平日の割にはお客さんがひっきりなしに来ていたので、
それに気を取られてしまったのだけは心残り。
またゆっくり伺えるといいなぁ。
今度はナポリタンが食べてみたい。


カフェその2…「月と六ペンス」@丸太町

数ある「ブックカフェ」の中でも、その雰囲気が本当に好みなこちらへ、久々の再訪。

程よい照明と暖かさに包まれた店内は、相変わらずの静謐で緩やかな空気が漂い、思わず一息もつく。

席は壁に面したカウンターのみ、その中の女流作家の本を集めた一画に落ち着き、

「NYチーズケーキとブレンドコーヒーのセット」(写真3枚目)

をお願いした。

チーズケーキは驚くくらい柔らかな感触のもので、
しかし口に入れると濃厚、そしてフワッと溶けていくような食感が、堪らなく美味しい!
ガツンと苦味の効いたコーヒーとの相性も抜群で、そしてこのコーヒーは単体でも十二分に美味しい。

雰囲気のみならず、素晴らしいその味をも堪能しながら、2時間くらい読書に耽る。
何とも幸せな時間。そしてますますこちらのお店が好きになった。


そんな読書の時間を経て、いざ京都MUSEへ。
この極寒の中、Tシャツ1枚で開場待ちしていた方には、敬服。

オープニングアクトの【チャラン★ポ★ランタン】は、
可愛い女の子2人組ながら、
昭和歌謡的な曲をコブシを効かせて歌っていたのが何だか素敵だった。
ボーカルの女の子が、終始小脇にブタのぬいぐるみを抱えていたのが可愛かった。ブタ好き歓喜w

【tricot】の音でやや暴れ、本命の【jizue】では例の曲で踊りまくったw
楽しかったが時間が短かったのだけが残念。

【チプルソ-傷だらけのB-BOY-】は、その名の通りラッパーだったが、
切々とした叫びをよく通る声で響かせていて、ちょっと胸に来てしまった程。
(私自身が何をした訳でもないが)疲れている心には染みた。

トリの【ROTTENGRAFFITY】は、さすがの盛り上がり!
『切り札』から始まって『金色グラフティー』で終わるまでの間、モッシュダイブがひっきりなしでした。
アンコールで『リンダリンダ』のカバーが聴けたのも嬉しかったな。

もちろん私も暴れ倒したので、外に出た際にあまり寒さを感じなかったw パネぇww


夜ラーメン…「長浜らーめん みよし」@木屋町

京都バンドだらけの空気に当てられて、京都的なラーメンが食べたいと久々にこちらへ。
まぁ京都的…と言っても中身は「長浜」ラーメンなのですがw、京都では有名なのでねw

そんな有名な割には、以前も食べて首を捻った、

「ラーメン」(写真4枚目)

には、やはり今回も首を捻るハメになったw

ややライトなトンコツスープはまぁまぁの味なんやが、
麺がとにかくカンスイ臭さが鼻について…。
白湯スープは確かにカンスイ臭が目立ちやすいんやが、特に。

チャーシューは印象に残りませんでしたが、
ピリ辛な味付けのメンマはまぁまぁだったかな。

飲んだ後、吹きっさらしと言う条件が揃っていたにも関わらず、やはり私にはピンと来ないラーメンですなぁ。
同じ木屋町ならやはり大豊ラーメン推しかな。



…と、そんなイケてないラーメンのリベンジと言う訳ではありませんが、翌日に、


「らーめん専門和海」@武庫川

に赴き、限定メニューの、

「白味噌ラーメン」(写真5枚目)

で口直し。

限定とは言えど、もう数回は頂いているこちらの一品ですが、
白味噌のほのかな甘味と優しい口当たり、ジワッと染みるようなダシ、本当にいつ食べても旨いです。

今回は具にカイワレが乗っていて、干し白菜の甘味に対して苦味が加わっていたのがちょっと印象的だった。

この日は、この白味噌ラーメンの他に突発限定も販売していたのでちょっと迷ったけれど、
やはり選択に間違いはない旨さでしたね。


以上、纏めると(?)玉子サンド熱が復活した週末でございましたw
DSC_0258.JPG20130118_134956.jpgDSC_0263.JPGDSC_0265.JPGDSC_0267.JPG
posted by まゆみ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

夕映えの街、今

東京遠征から帰還し、そこからその週の仕事をして、迎えた11日金曜日の休日。
この日は、

【KEYTALK】@神戸

のライブがあり、更には神戸に赴くのも久々なので、
10時には起きて早めに出発しよう、と思っていた、





起きて、ふと時計を見たら、

14:30

…もう、ね、驚き過ぎて鼻の穴から眼球が飛び出るかと思たわよww

そこから急いで準備して家を出たものの、
当然、時間的に計画していたいくつかのことは頓挫。

まぁライブには間に合う範囲なのはまだマシだったかな。
では、そんな中、もはや「夕映え」の景色となっていた神戸にて行ったお店等。
もう1軒カフェに行きたかった…。


昼ラーメン…「天孫降臨」@元町

2度程スープ切れ閉店でフラれたこちらのお店、
いつの間にやら、正規の閉店時間が早まった分、通し営業になっていた為、
ある意味、チャンスだと思い今回初訪問。

見事な鰻の寝床な店内は、さすがに夕方には先客の姿はナシ。
そんな中、注文は、

「天降ラーメン しお」(写真1枚目)

にしました。

トロミがあり、フワッと魚が香る白濁スープは、
「魚介白湯」と言う言葉で十分に伝わる範疇の味だがw、
じんわりと染み入るような味わいはなかなか。

麺はクッキリした歯応えのやや縮れ麺で、これは少し独特で旨かった。
チャーシューは結構薄切りであまり印象には残らなかったが、
メンマはかなりの太さと歯応えで、割と旨い。

うん、三宮元町界隈ではまだレベルの高いほうかな。
ライブ後の時間に開いていないのはネック(お気に入りの「我流本舗」然り…)


カフェ…「カフェ ケシパール」@三宮

これまた、以前の神戸訪問では臨時休業でフラれた、チーズケーキが名物のこちらのカフェへ。

味のある看板、更に入り口の素敵なディスプレイを横目に入店すると、
外が既に暗くなっていた分、シンプルながら何ともムーディーな店内がお目見え。割と広さもある。

その中の、やたらと四角いw2人掛けソファー席が空いていたので、そちらに座り、

「KESHIケーキ(ビターチョコとエスプレッソのチーズケーキ)」と「ブレンドコーヒー(Bold)」(写真2枚目)

をお願いした。

可愛いお皿で供されたケーキは、そんなお皿の絵柄を活かす為か、若干…いや、だいぶ小ぶりではありますがw、
むっちりと中身は詰まっているので、まぁまぁ食べ応えはある。
かなりチョコの風味が効いているので、ともすればチョコケーキにも思えるけれど、
滑らかな口当たりは確かにチーズケーキのそれ。
「コーヒーとの相性を考えて作られた〜」とメニューに記されていた通り、
これまた可愛いカップで供された、フレンチプレスの苦味あるコーヒーとの相性は抜群だった。

夕映えから、夜の帳が降り始めた店内にて、それらを頂きつつ、ライブ前のゆったりしたひととき。


そんなライブを堪能するべく、会場の「神戸 太陽と虎」へ。私の「関西」ライブ初め。
そう言えば、昨年もライブ初めは【KEYTALK】だったな…w

そんな【KEYTALK】、この日は2マン仕様だけあって、かなり攻めなセトリだった。
久々に『a picture book』が聴けたのも嬉しかったし、
『sympathy』では、軽くと言えども早速モッシュ初めもなし得てしまったw

終盤の、『blue moon light』→『アワーワールド』→『トラベリング』→『夕映えの街、今』の畳み掛けもさすがで、
想像以上に汗だくになり、その後に飲んだスクリュードライバー(彼らのライブ時は必ずこれw)が、めっぽう旨かった!

いつの間にかチケットが売り切れていた為、2月の大阪ライブには行けないけれど(涙目)、
その分もこの日は堪能出来たと思うので、まぁいいか…いい…(滂沱)。


夜ごはん…「やよい軒」@元町

ラーメンも食べたくはあったが、三宮元町界隈にはあまりいい店が(開いて)ないのと、
行きに通りかかった際に、

「チキン南蛮エビフライ定食 200円引き」(写真3枚目)

のPOPが目に入って、俄然その気分になったので、こちらへ。

690円にて頂いたその定食にて、久々にガッツリと揚げ物を堪能。
タルタルたっぷりなチキン南蛮旨っ!
意外と(失礼w)しっかり詰まっているエビフライ旨っ!
こう言うお店のお味噌汁旨っ!

もちろんごはんはお代わりをお願いしたんやが、
多目で、と頼んだら本当にてんこ盛り持ってこられてワロタww

(自分で頼んだものを)残すなんて恥ずかしい真似は出来ないので、完食はしましたがね。
また、やよい軒は取り放題の漬け物が旨いので、ごはんも進むのだ!

…とは言え、食べ終えたらばやはりお腹が苦しいw
温かいほうじ茶をもらって一息つきながら、
昔はこれぐらいペロリだったのになぁ…やっぱり老けたなぁ…と、少しの溜め息もw


と、こうした神戸dayをこの日は過ごしました。
やよい軒とか神戸に限らず何処にでもあるけどもww


さて、そんな翌日。
こちらのお店に、新年の挨拶がまだだったので、それがてら伺うことに。


ラーメン…「らーめん専門 和海」@武庫川

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

…土曜とは言え、20人以上並んでいたことに恐れおののくも、無事に、

「醤油」(写真4枚目)

にありつけて、今年も相変わらず旨いなとしみじみ。
この日は、特に醤油のキレが鋭かったように思う。
また、鶏チャーシューのしっとり感が一際良かった。

そうそう、塩と醤油は今年から50円値上がりの700円になっています。
まぁ今までが味に対して安過ぎたくらいなので、むしろ妥当。
今年も美味しく頂きたいと思います。


カフェ…「gris gris cafe」@鳴尾

某ショッピングモール近くのこちらのカフェ、
以前訪れた時よりも、スイーツメニューが好みなラインナップになっていたので、再訪してみた。

そんなスイーツの中から、

「バナナとくるみのパウンドケーキ」を選び、「ホットコーヒー」(写真5枚目)

と共に注文。

ほのかなバナナの風味とくるみの歯応えが気持ちいいパウンドケーキは、
250円と言うお値段よりも十分に美味しいもの。
2切れあるのでボリュームもあるしね。

コーヒーは以前と同じく、後口は薄いんやがw、
苦味メインな味わいは嬉しいところ。

伺ったのが閉店1時間前くらいだったので、その時間までまったりしてしまった。
このスイーツラインナップならば、「和海」とセット使いで度々訪れるのもありかな。


…その後、そのショッピングモールに足を踏み入れたらば、
超絶金欠な癖にバーゲンの罠にハマる、と言うオチを経て、
私の休日2daysは暮れていきましたww
給料日はまだかー!!(切実)
DSC_0238.JPGDSC_0242.JPGDSC_0249.JPGDSC_0251.JPG20130112_175934.jpg
posted by まゆみ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

肉の海では泳がずに玉ねぎのもとに至る我

2013年度の、私にとってのライブ初めは、

【THE BACK HORN】@日本武道館

でして、
まごうことなき大本命バンドにて年の初めを迎えられることに、
何とも幸先の良さを感じていたりします。

何分、東京と言うのが遠征がキツい分、身にも懐にも堪えたけれど、
それでも、もちろんライブ含め、楽しい東京ホリディを過ごせたことは、
やはり幸先の良さに他ならないと思います。

そんな遠征模様を綴ってみます。お付き合いの程を。



まずは、土曜日の夜に高速バスにて大阪を出発。
その前の晩ごはんは、JR桜橋口近くの、

「あらうま堂」

にて、

「たまゆラーメン」と「ミニチキンライス」(写真1枚目)

で済ませた。

味は熟知しているこちら系統のラーメン、
その豚骨テイストはもちろん旨かったが、久々に食べたせいか、若干後味が弱く感じた。
何故かセットメニューにオムライスがあるのでw、その流れでチキンライスをセットに。
こちらは割と旨かったです。

もちろん、無料のメンマとキムチと麦茶もたっぷりと腹に納めていざバスへ!

お!揺れの少ない1階建てバス、更にはコンセントまで付いていてラッキー!
幸先良し幸先良し♪

もちろん無事に東京到着。


さて、バスの中で寝る為もあって、家からここまで完璧なすっぴんでいた私でしたw

朝8時に開くと言う、高円寺の朝銭湯(日曜日のみ)で化粧をする予定だったので、
早朝の内は、引き続きすっぴんで東京ウロウロw
言うまでもありませんが私は30歳ですww

そんなすっぴんでまず訪れたのは、明治神宮。
初詣がまだだったので、どうせならばこちらにお詣りしようと、新宿から歩いて向かう。

初詣の人出が全国1位だと言うこちらも、やはり三が日より後、更に早朝とあってはそれ程混んでもおらず、清らかな気持ちでお詣り出来た。
…すっぴんはおろか、歯すら磨いていなかった自分の身は穢れまくりでしたがねww

その後、明治神宮の最寄駅は原宿なので、ちょっと足を伸ばして、思い出の、

「デザインフェスタギャラリー」(写真2枚目)

を覗いてきたのですが、
私達が「生命爆音展」を開催した時(2008年4月)とは打って変わって、
何ともシンプルな外観になっておりましたw
うーむ、ちょっと寂しい。

新宿〜明治神宮〜原宿、そして高円寺へ。
こちらの銭湯「なみのゆ」が、日曜のみ朝風呂をしているとのことでお邪魔。

若干迷子になりつつ、下町風情溢れる、やや小さめな銭湯に到着。
番台や脱衣所の雰囲気に、遠い地ながらに郷愁を感じた。

お風呂場も小さめだったけれど、温まるには十分。
やや高めの43℃のお湯が、むしろ心地よい。
たっぷり浸かってぽっかぽか。はー幸せ。

ここでやっと無事に化粧も済ませ、
井戸水で炊いたと言うごはんのおにぎりを朝ごはんに頂いて、ようやく人心地、いや、豚心地?w

そうして、高円寺にてラーメンとカフェに行くことに。

お昼ごはんとして食べたラーメンは、

「太陽」@高円寺

と言う店のもの。

ラーメン屋と言うよりは、地域に根付いた中華料理屋のような雰囲気。こちらの、

「味玉ラーメン」(写真3枚目)

は、580円と言うリーズナブルさながら、
煮干しがガッツリ効いた醤油スープはなかなかなお味。
麺もツルシコで旨かったし、
チャーシューはあまり覚えていないのだけどw、トッピング?と思う程たっぷりメンマが乗っていたのは嬉しかった。
玉子もいい味付けでございました。

ガツンと来るようなラーメンではなかったけれど、
先程の銭湯然り、しみじみと郷愁を感じる味でございました。
ジャンボ餃子セットなるものも気になったんやが、
2009年2月2日のように、東京のライブの思い出をニンニクで染める訳にもいくまい、と思い、断念しましたw

さてカフェは、【Czecho No Republic】のメンバーでもあり、読者モデルでもあるタカハシマイちゃんが、
お気に入りの場所として紹介していた、

「アール座読書館」

へ、お邪魔してみました。

ビルの小さな入口に掲げられた縦書きの看板を確認して、細い階段を上がる。
そこの扉を開けると…、緑とアンティークの家具に囲まれた、えも言われぬ素敵空間。
水槽の水音も心地よい。

やはり有名店、更に休日と言うこともあってか、店内はほぼ満席だったが、
幸運にも1席だけ空いていたので、そちらに座ることが出来た辺り、やはり幸先がいいw
(その後は満席で断られる人続出だったので、本当に運が良かった)

その、古いがゆえに若干座り心地はよろしくないw席にて、

「ブラジルブルボン」と「クッキー盛り合わせ」(写真4枚目)

をお願いした。

コーヒーのブラジルブルボンはポットで提供され、これがなかなかたっぷりの量。
苦味もしっかり効いていて美味しく、この味にもまた幸せな気分に。
数種のクッキーもコーヒーによく合うものだったが、その中の1つがアルフォートだったのには何かワロタw 確かに美味しいわよねww

それらを頂きつつ、途中、本棚の本を崩して静かな店内(お喋りしている人は皆無)に大音声を響かせる、と言う粗相をしながらもw、
(余談ながら、この時本を拾うのを手伝ってくれはった白いワンピース姿の女性は、本当に素敵な方だった)
読書を楽しんでいると、他の席が空いたとのことで、
穏やかな男性オーナーにそちらを勧めて頂き、もちろん喜び勇んで移動。
先にいる者からいい席へ通してくれると言う、この心遣いはありがたいね。

その席は、古びた勉強机と木のベンチで構成されたおこもり的な感じで、何とも長っ尻仕様。
何とはなしに引き出しを開けてみたらば、鉱石コレクションが展示されていた遊び心に脱帽w

そんな席で更に読書を楽しみ、「3時間くらいはどうぞご利用ください」とメニューに綴られていた通り、
本当にそれぐらい居座らせて頂いた。

これまた、ここは東京とは思えぬ程ののんびり、ゆったりした時間を過ごせた。
雰囲気も素敵で、オススメな理由がよくわかった。
…ただ、読書館と謳っている割には、そのラインナップが「私なんぞの想像のつく範疇」だったのは、
ほんの少しだけ物足りなかったかな。

それでも、いいお店なのには変わりなかったけれどね。来れて良かった。


その後、高円寺から中野の一駅を歩き、高円寺MISSIONなるライブハウスを横目に、
中野から東京メトロに乗車して、いざ武道館のある九段下へ!

武道館の門の手前で身内と合流し、入り口へと向かう。
…何だか感慨深い(写真5枚目)。


『リヴスコール』ツアーの、一旦の締めを迎えるこの武道館ライブ、
今ツアーで使われているSEに合わせて、舞台上のスクリーンに、 リヴスコールの柄が描かれていく演出に、まずグッと来た。

そこから1曲目の『トロイメライ』の、将司の優しい歌声が、広い広い武道館に響き渡ることに、何とも言えず胸を衝かれた。

『墓石フィーバー』が披露された時の、将司の「乳房に触れ」たのや、「そそり立つ」姿をしっかり拝めたのには満足。
『いつものドアに』のラストサビで、転げ回るように膝まづくように、歌い、弾いていた将司と光舟の姿が印象的だった。

全員のMCは、晴れの舞台とは思えぬ程のグダグダっぷりに思わず苦笑もしたがw、
栄純の「ありがとう!」の叫びは、心に染みるものがあった。

MCと言えば、ラストの『世界中に花束を』の前に、将司が、

「何があっても、俺らは絶対ここ(ライブと言う場)にいっから」(要約)

と言った台詞が、何とも胸に残った。

アンコールでは、『ミュージック』にて場が温まった後の、
『ラピスラズリ』→『刃』→『サイレン』の畳み掛けには興奮することしきり!
ここで体力の8割を使ったわw
好きなのにあまり聴けなかったラピスラズリに久々の刃、嬉しかった!

サイレンで終わったので、この後ダブルアンコであの曲やるんじゃね?と目論んだが、今回はそれはナシ。

その代わりに、例のスクリーンに、これまで回ってきたツアーの模様が次々に映し出され、
そして、「1月6日 日本武道館」の文字と共にメンバー4人が映った際には盛大な拍手が。

それに続いて、東北3ヵ所(追加公演)の名前が記されたことに、何だかグッと来た。


かくして、私にとってのライブ初めはこうして御披楽喜。
…恐らく、セトリが想像の範疇だったと言う理由で、
正直、これまでの東京遠征時より興奮度は少し控え目ではあったんやけど、
それでも、集大成的なライブに参加出来たことは良かったと思えた。
今年もよろしくお願いします。

この日お会い出来た皆さん、お疲れ様でした。
色々ありがとうございました。



武道館を後にし、帰りのバスも新宿発だったので、そちらで夜ラーメンと洒落こもうと思ったのだが、
案の定迷子、そして前日からの麺の消化不良(恐らく疲れで消化能力が落ちていた)で、少しお腹が痛かった為、
バス乗り場近くの「フレッシュネスバーガー」にて、軽いごはんにしました。

実は初フレッシュネスだったので、それを果たせたのは怪我の功名だったけれどね。
テリヤキチキン旨っ! ポテト熱っ!!ww
デザートに食べたチョコマフィン旨っ!!(お腹痛かったんちゃうんかいww)

それらを腹に入れ、いざ関西へ帰還!



かように、年の初めの東京ホリディ、楽しゅうございました♪
この楽しさと、色々な幸先の良さのわけまえが、
どうか今年一杯に行き渡りますように。
DSC_0196.JPGDSC_0205.JPGDSC_0216.JPGDSC_0218.JPGDSC_0224.JPG
posted by まゆみ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

>< → <>

ご挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、年末年始は仕事の繁忙期にあくせくしたり、
それを済ませて大晦日に「KINDAMA」に参加したり、
年が明けてからは3が日は仕事したのち、デート(?!)したり、
何より、【THE BACK HORN 】の武道館公演に馳せ参じたりと、
何かと目まぐるしい日々を送っておりました。

武道館ライブの話は、東京遠征話と絡めて綴るつもりなので、
それ以前の締め/明け話をこちらにて。


ラーメン締め…「谷町きんせい JUNK STORY」@谷町九丁目

この年の「KINDAMA」は梅田クアトロでの開催だったので、
若干不便はあったが、やはり信頼出来る店にて締めを迎えたいので、こちらへ。

到着したらば何と20人以上の待ちで、年越し限定メニューは敢えなく売り切れ…。

しかしこちらは何を食べても美味しいので、レギュラーメニューの、

「塩つけ麺」(写真1枚目)

にて、締めました。

ダシと柚子の香るつけダレ、しなやかにしてコシのある麺、
プリプリとした弾力と旨味のある地鶏、もはや甘味さえ感じるレアチャーシュー…、
やはり全てが抜群に旨く、満足いくラーメン締めになりました。

何より、大将含め、店員各位にきちんとご挨拶出来たのが良かった。
旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。


コーヒー締め…「星乃珈琲店」@梅田

実はこの日が初訪問だった梅田クラブクアトロ、
その目印である地下の泉の広場にあるこちらに、
恐らくチェーン系ながら、聞き慣れない店名に興味を惹かれて入店してみた。

大晦日だからか満杯の店内は、
チェーン店の割には、レトロで何処かキュートな雰囲気が味がある。電灯が可愛い。

注文は、

「窯焼きスフレ」と「炭火焙煎コーヒー」(写真2枚目)

にしました。

まずスフレが提供されたんやが、混んでいて忙しいせいか、コーヒーがなかなか出てこない…。
やっとコーヒーが来た際には、スフレはしぼんでしまっていたw

とは言え、熱々で滑らかなスフレは、蕩けるような甘さで美味しかったし、
そしてコーヒーが、炭火焙煎にした為か、何とも心地よい苦味で美味しい。
このコーヒーで締められたのは良かったな〜。

今度は、平日の混んでいない時に来たいものです。
その際は、名物っぽい「スフレパンケーキ」も食べたい。


そして、梅田クアトロに移動し、「KINDAMA」を楽しむ。

1アクト目の【キュウソネコカミ】がやたら楽しく、初っぱなからテンション上がった。
2013年度に出来る限り観たいアーティストになったな。

【KING BROTHERS】は観客を柵に登らせると言う煽りが凄まじかったw
【PAN】はセトリが熱くてこれまた興奮。
ラスト曲の『オアシス』にて、ダイブしてきた川さんが胴上げされていたのには、何だか感動すら覚えた。

若干グダグダはしつつもw、笑いの中でカウントダウンをこなした【四星球】の後の、
【DOBERMAN】の、特にアンコール曲が大層楽しかった!
トリアクト、と言うこともあって、もう踊り倒してしまったよ。

いやはや、4回目の参加でしたが、今回も楽しかった!
しかし、クアトロだと手狭な感じがしたので、会場はやっぱりハッチがいいなぁ…。
「大阪プロレス」(これもまた楽しかった、会場は大入満員!)との兼ね合い上、クアトロのほうが都合いいのかな、うーむ。

お会いしたピースさん、ぞいるさん、りらいとさん、たつのん氏、アイコさん、べちこさん、この日はありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。



そんなこんなで年は明け、世間様に逆らって4日の金曜日からが休みだった私は、
この日、ごはんのお誘いを頂いていたこともあって、
そのついでに、「初め」もしてくることに。


ラーメン初め…「ラーメン人生JET」@福島

実は割と久々の訪問。ご無沙汰&明けましておめでとうございます。

昔はこちらの鶏煮込みが大好きだったが、最近は重く感じてしまうので、注文は、

「煮干し塩」の「ライスセット」(写真3枚目)

に。

うむ、やっぱりあっさり系は旨いわ。
深みのあるスープは口の中でしみじみ旨さを感じるし、
シコシコとした平ため自家製麺もやはり旨い。
蕩けるチャーシューもやっぱり逸品。

麺を食べ終えた後のスープに、お行儀悪くもごはんを投入するのがまた一際旨い。

長らくのご無沙汰だけが悔やまれる、いいラーメン初めとなりました。


コーヒー初め…「喫茶Stove 」@福島

福島界隈と言えば、やはりこちらのお店に行きたくなるもの。
季節柄、店名に相応しいアラジンストーブがシュンシュンと炊かれていて、
お店の温かみが一層増していた。

お願いしたのはやはり、

「豆岳ブレンド」と「チーズケーキ」(写真4枚目)

で。

ブレンドの、何処か柔らかい苦味を舌で感じると、そこから至福感が広がっていくよう。
何ともコーヒー初めに相応しい美味しさ。

こちらのお店はアレンジチーズケーキが絶品なんやが、
ベーシックなチーズケーキもまた美味しいもの。
さりげなく隠れたラムレーズンがニクいw

この日はようやく、女性オーナーと会話らしい会話を交わせたので、
2013年を迎えて、晴れて常連ヅラ出来そうですw
ちなみに一応、こちらに通って3年にはなりますww


そんな、素敵なラーメン/コーヒー初めを経て、梅田へと移動。
この日、ごはんに誘ってくれはった、マッキー氏と待ち合わせ。

初めてお会いしたのが4年前、それ以来の再会だったので、若干緊張しつつも無事合流。
お店も予約してくれていた(と言う、至れり尽くせりっぷり)ので、その、

「凛火」@東通り商店街

と言う居酒屋さんへと向かう。

まずはビールで乾杯したのち、
数種のもつ鍋が推しメニューらしかったので、その中から、
「味噌もつ鍋」を選び、更に串盛り合わせやらお刺身盛り合わせやらを頼む(写真5枚目)。

味噌もつ鍋、何とも旨い!
やや濃い目のダシが絡む野菜やもつが絶品やし、
締めのおじやまで大層旨かった!

美味しく頂き、更に何とマッキー氏にご馳走して頂いた。
恐縮しつつも感謝。
加えて、大阪には遠征的な感じで出てきている中の貴重な1日を、
私なぞの為に使って頂けたことに、更に感謝。

その節はお世話になりました。本当にありがとうございました。
年の初めに、美味しく、楽しい時間を過ごせました。
それを弾みに、何ともいい年を過ごせそうです。




そんな「いい年」のライブ初めは、本命バンドたる【THE BACK HORN 】@日本武道館。

…ええ、紛れもなくいい年ですとも。



DSC_0153.JPGDSC_0157.JPGDSC_0190.JPGDSC_0191.JPGDSC_0193.JPG
posted by まゆみ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。