2013年02月28日

月をたずねて

[悲報]近い内の、ライブ予定がありません。

金欠ゆえチケット購入を先延ばしにしていたら、悉く売り切れになっていたせいです


orz


と言う訳で、最近はフラリとおでかけが多い。
今回は少し思うところがあって、三宮、元町界隈へ。
この日は、給料日直前と言う、輪をかけて金欠な状況ではあったが、まぁそれはそれでw


昼ごはん…「魚河岸の居酒屋えびす大黒元町店」@元町

珍しくラーメン以外のお昼ごはん。
ライブ絡みでなければ、閉店が早いラーメン屋に夜に行くことも出来るので、そうしようと思ったのよね。
もっとも、これが後でちょっと困るハメになったんやが…。

さてこちらは、ランチならば何と500円で海鮮丼等が頂けるお店。
それゆえ人気で、遅がけな時間に行くと、一部メニューが売り切れていることも。

もっとも、お目当ての、

「海鮮丼」(写真1枚目)

は残っていたので、それを注文。

ものの5分程で供された丼は、一見小さく見えるが、ギッチリ詰まった酢飯と、
まぐろ、ハマチ、鯛、イカ、鰻、玉子、サーモン、エビ、とびっこと言った具がボリューム満点。

ハマチには若干臭みがあったものの、それ以外の具は旨かったし、
特にサーモンが濃厚な味わいで旨かった。
500円でこの内容ならば十分だと思う。
お味噌汁とお茶はぬるかったとしてもww

リーズナブルなのでまた訪問したいが、隣にあるワンコインステーキ丼の店も気になるのよね…むむ。


カフェその1…「元町サントス」@元町

ツイッターにて、何とはなしにこちらの話題を出したらば、
とみにこちらのホットケーキが食したくなったのが、この日の神戸訪問の理由w
前週に訪れた「月森」から、すっかりホットケーキ熱に火が点いたようですw

商店街の中にあるこちらは、外観も内観も、所謂昭和の純喫茶。
しかし、モスグリーンと焦げ茶で統一された店内には、そこはかとない上品さがあり、
それは神戸らしい雰囲気とでも言うべきか。

注文はもちろん、

「メイプル&バターのホットケーキセット」(写真2枚目)

で。
650円と言うお値段でコーヒーor紅茶までついてくるのも昭和仕様かしらw
もちろんコーヒーを選択。

見た目からして昔懐かしい2段重ねのホットケーキは、
味もこれまた、特筆すべきものがない代わりに、しみじみとした美味しさ。
子供の頃に、同じく喫茶店にて食べたホットケーキの思い出が甦るよう。
その頃と違うのは、飲み物がブラックのコーヒーだと言うこと。
多少酸味の立った味の中には、昔の記憶のほろ苦さが混じっているような気がした。


カフェその2…「cafe SOLUNA」@元町

これまた「月森」の話繋がりで、
「月」を店名に冠するカフェは素敵なところが多いと思い至り、
(こちらは太陽と月を併せた言葉ではあるが)、
確かにいいお店だったこちらに再訪したくなった次第。
神戸訪問の理由その2。

この日は夜の帳が降りてから行ってみた。
以前お昼に伺った際も、さわやかな中に落ち着きがある雰囲気が素敵だったのだが、
想像通り、柔らかな大人の空気が、
濃くなく薄くもない絶妙さで立ち込めている夜の店内が、これまた素敵だった。

JRを望む大きな窓に面したカウンターにお邪魔し、

「黒ゴマのチーズケーキ」と「ブレンドコーヒー」(写真3枚目)

をお願いした。

こちらはチーズケーキもコーヒーも絶品なので、期待が高まる。

そうして提供されたケーキは、黒ゴマの香ばしさに滑らかなチーズの口当たり、
酸味が立ち過ぎない程良い甘さ、とやはり絶品。
コーヒーがこれまた、私好みの味のバランスに、柔らかいコクと余韻のあるもの。
この取り合わせに漂う雰囲気、本当に幸せな気分になれる。
月の名に恥じぬ、素晴らしいお店です。

…が、そんな良いお店だと言うのに、
悲しいことに4月14日をもって閉店してしまうそう…。
レジ横にあったその掲示を見た瞬間、もう本当に落ち込んでしまった。
バンドが解散する時と同じような心持ち…。
失礼ながら、バンド程熱心に追いかけていなかった分、後悔の念が募る。

せめて後一度は訪れたいものです。
月と太陽の沈むその前に。


そしてこの後夜ラーメン…と洒落こもうとしたのに、
いざ行ってみたら「本日の夜営業はお休みします」の貼り紙が…。

も う 更 に 落 ち 込 ん だ ww


ミスドフラフラ記…「ミスタードーナツ」@甲子園口ショップ

最近、ちょっとミスドにハマっている。
ドーナツ100円セール真っ最中に、フラリとこちらのショップに立ち寄ったらば、
妙にお洒落な内観、更に落ち着ける雰囲気になっていたのがきっかけ。
ご存じの通り、コーヒーとカフェオレはお代わり出来るので、ゆっくりも出来るしね。

まずセール中には、

「ポンデ黒糖」「エンゼルクリーム」「ハンバーグパイ」「ブレンドコーヒー」(写真4枚目)

を注文。

…ミスドの恐ろしいところは、お腹がある程度膨れていても、
目の前にあったらペロリとイケてしまうことだと思うw

この日も、某ラーメン店にてラーメンと山盛りごはんを平らげ、割にお腹いっぱいだったと言うのに、
ポンデ黒糖のモチモチ感、エンゼルクリームの生クリームに舌鼓を打ち、
パイはハンバーグが小さいので正規の160円ではボッタクリだがw、セールの120円ならまぁいいと思いながら、
気がつけばお皿を空にしておりましたww

コーヒーはかなり薄いんやけどw、しかしその分胃も痛くならずいくらでも頂けるので、ついつい5杯くらいw
この日行ったのは土曜で、ゆえにほぼ満席状態やったんやが、
そんな中でもお代わり(≒長居)を勧めてくれるお店の器にちょっと感動。
それもハマった理由かもしれない。

なので数日後に再び訪れ、今度は久々に飲茶セットの、

「7種の野菜麺飲茶Bセット」(写真5枚目)

を頂く。

もちろんラーメンとしてはチープなお味なんやが、
久しぶりに食べると何となく旨いw
えび蒸し餃子は相変わらず絶品ですな!
昔はなかったちまきは、美味しかったんやが小さいのと、
手に餅米がベタベタついたのがちょっとネックw

セットの飲み物にカフェオレを頼んだのは、もちろん長っ尻前提だからですw
これまた4杯くらいお代わりをもらい、
デザートにポンデショコラ、後でお腹が空いてきた(!)のでエビグラタンパイをかじりながら、
実は仕事前だったのですが、落ち着いたひとときを過ごさせてもらいました。

言わずもがなお値段も安いので、またちょこちょこ訪れる予定ですw
なまじっかなカフェより素敵になっているインテリアも、何となく落ち着くのよね。



月のごとくまるいもの、沢山食べたこの頃です。
DSC_0360.JPGDSC_0365.JPGDSC_0367.JPGDSC_0372.JPGDSC_0377.JPG
posted by まゆみ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

ご近所物語

前記事の六甲散策、に対して、
近所(…とばかりは言えない むしろ結構範囲が広いw)のお店を、数日に分けて巡ってきたお話もちょこっと。
こちらは安定の訪問済み店ばかりですww


カフェその1…「knut」@甲子園口

つい2週間程にも訪ねた、ご存じシロクマモチーフのカフェに、
今回はバレンタイン用のお菓子を頼んでいたので、
それを引き取りがてら、昼ごはんとお茶もすることに。
まずごはんは、2種の日替りランチとホットサンドの中から、

「鶏の唐揚げ(おろしポン酢)」(写真1枚目)

を選んだ。

小ぶりな唐揚げは、下味はかすかについているものの、結構薄味だったので、ポン酢につけるといい塩梅でした。
ジューシーと言うよりはあっさり目な食感。
それでも久々に肉食して満足。

小鉢のきんぴらごぼうがさりげなく美味しかったな。
むしろそれで、大盛り(無料)でお願いしたごはんが進むw
お味噌汁は白味噌仕立てで少し甘め。なめこを久々に食したw

私的にはちょっぴり少な目な量ながら、腹八分目くらいではあったので、食後の、

「コーヒー」に、販売している「コロコロクッキー(キャラメル)」(写真2枚目)

をつけて、ティータイムに。

こちらのコーヒー、以前に頂いた時は私の好みより薄めやったんやけど、
今回は結構深みが増していて、だいぶ私好みの味になっていた。ブレンドを変えたのかな?
クッキーがまた、キャラメルのほのかな甘さと食感が美味しくて、そんなコーヒーが進む進む…。

実はこの後に仕事やったんやが、そんなもの忘れてしまいたいくらいw、寛いでおりました。
こちらで予約・購入したお菓子は、職場の方々が美味しく頂きましたw(たぶんねww)


ラーメン…「らーめん専門 和海」@武庫川

もちろんこちらは話題に出ますよww
でも実は2週間開いての訪問でしたがねw

この日も限定が出ていたので迷うも、
寒空の下並んでいた中で食べたかったものと、
大将のイチオシメニューが一致した為、
初志貫徹でその、

「味噌」(写真3枚目)

を頂くことに。

何よりまず、麺を変えた(味噌用のみ)とのことで、その旨さにビックリ!
密度を感じるような食感が、何とも旨い。
それに合わせてスープの配合も多少変えたらしく、より一層深みのある味わいになっていた。
この麺のキレっぷりには、いつも以上の旨さを感じ、一際満足。

余談ながら、大将と私の各ラーメン店に対する意見や着眼点がほぼ同じだったので、
私も、少しばかりプロの域に足の小指くらいは突っ込めた…かなw


カフェその2…「gris gris cafe」@鳴尾

ちょこちょこと寄るこちらにこの日もお邪魔。
珍しく1階席に座らせてもらったらば、そこから臨む青空が何とも綺麗(写真4枚目)。
実際の外は鬼寒い状況だけれどもw

そんな寒さに合わせて、出てきたお冷やが「白湯」だったのにはさりげなく感動。温まる〜。

さてこの日の注文は、

「りんごとさつまいものパウンドケーキ」と「コーヒー」(写真5枚目)

で。

本当はチーズケーキが食べたかったんやが、生憎売切れ…。

パウンドケーキはりんごとさつまいものほのかな甘味が美味しかったけれど、
個豚的には以前頂いたバナナとくるみのほうが好きかな。
そして案の定ボロボロこぼすww

コーヒーは前よりも深みが増していたような。
私としては嬉しい傾向♪

こちらはさりげなくランチののごはんが玄米らしいので、一度それも頂いてみたいな。
メニューボードの「ロール白菜の和風仕立て」(日替り)には特に惹かれたぞw



次回のご近所ウロウロ記には、それが登場…するかな?ww
DSC_0336.JPGDSC_0337.JPGDSC_0355.JPGDSC_0357.JPGDSC_0356.JPG
posted by まゆみ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

六甲物語

ふと思い立って、六甲のほうに行ってきました。

とは言ってもこんな寒い時季、もちろん登山目的ではなくw、
山にまでは至らぬ沿線界隈に、何やら魅力的なお店が多いので、それらへの訪問が目的。

そして実際、どのお店も素敵だった! そんな六甲界隈レポを。


昼ラーメン…「中華そば そのだ」@大石

こちらの大将はDJでもあり、そして各所ライブに出店されていたりもすると言うことで、
気になっていたこちらのラーメン屋へ訪問。

麺メニューは、尾道ラーメンである「中華そば」一本と言う潔さで、細麺か太麺かを選べる。なので、

「中華そば(細麺)」(写真1枚目)

を選択。

程なくして供されたラーメンは、割と黒々としたスープに背脂がビッシリ。
それを啜ると、見た目通り結構な醤油の味が来るものの、
その奥に、しっかりとダシの風味があって旨い!
繊細、と言った感じではないが、かと言ってコッテリでもなく…何と言うか、妙に旨いw
背脂も甘くていい味やし、何より、これのおかげでスープが冷めないのがいい。

細いほうを選んだ麺は、クッキリとした食感が、これまたいい塩梅。
しかし某店の大将曰く、太麺も旨いらしいので、次はそれかな。

チャーシューは、ともすれば角煮サイズのが一切れと、薄切りが2枚。
少し濃い目の味付けと、脂身の甘さが相俟って、これまたかなり旨い代物。
特に角煮状のはしっかりした歯触りもあって、満足、満足。

うむ、この店は来れて良かった。旨かった!
次は是非太麺を頂きに来たい。
しかし、夜限定だと言う塩ラーメンも気になるな…。


カフェその1…「六珈」@六甲

もはやちょっと山道なw道路沿いにある、シンプルな外観の喫茶店。
あまりにシンプル過ぎて入ってもいいものか一瞬戸惑うがw、
いざ扉を開けてみれば、広さは小ぢんまりとしているものの、
何処かロッジのような高い天井が開放感を醸し出している、
簡素にして落ち着く空間。

席は2人掛けテーブル2卓と広めのカウンター、
テーブルの1つが空いていたので、そちらに掛け、

「チョコとオレンジピールのパウンドケーキ」と「ミディアムブレンド」(写真2枚目)

を注文。

パウンドケーキは少し硬めで、思わず手掴みで食べたくなったけれどw、
むっちり詰まったケーキに、チョコの甘味とオレンジの風味が美味しかった。

3種選べるブレンドの、中間たるミディアムでお願いしたコーヒーは、
酸味がなくて美味しかったんやが、
私の好みとしては、恐らくもう一段上のものだったなw

スッキリしたインテリアに対して、カップがやたら可愛いと言うギャップも楽しみつつ、のんびりさせてもらいました。


カフェその2…「喫茶 月森」@六甲

一昨年だったか、【THE BACK HORN】@神戸大学の学祭ライブに向かう途中に見かけ、
その佇まいから気になっていたこちらに、満を持して訪問を果たせた。

ホットケーキとその雰囲気ゆえに人気の高い店、と聞いていたが、
平日17時頃に訪ねてみたら、先客は2組だけだったのですんなり入れた。
これが休日やら、平日でも時間によっては満席、
更に一から手作りのホットケーキは最大で3時間待ち…なんて事態もあるらしい。

レトロさを感じさせる外観に相応しく、
小ぢんまりとした店内は、テーブル席の赤い椅子や、カウンターの布張りの椅子、
さりげなく飾られた小物に、沢山のナイスセレクトな本…と言ったもの達が、
えも言われぬ雰囲気を醸し出していて、
落ち着いた空間でありながら、その空気感のツボっぷりに、私の心はむしろ弾み出してしまった。

本の並ぶカウンター席の端にお邪魔させてもらい、もちろん、

「ホットケーキ(2段)」に「コーヒー(ダーク)」(写真3枚目)

をつけてお願いした。

ちなみにこの時の待ち時間は1時間弱。
でも、魅力的なラインナップの本を読んでいたら、全く苦にならなかった。
むしろ、訪れた店に読みたい本が沢山あっても、
注文したものが早く来ると、どうしてもその全ては読み辛かったりするので、
こうした「読書時間」の提供はありがたい。
この時点で、このお店に対してはいい印象を抱いた。

さて、待ちに待ったホットケーキの登場!
分厚いビジュアルの2段重ね…それだけでテンションが上がる。

まずは何もつけずに切り分けて一口…甘さはほのかで、表面のサクッ、中身のフワッとした食感が心地良い。

次に私がバターを塗って一口…おお、風味が増して美味しい!
これだけでも十分に美味しかったが、さいごにメープルシロップをたっぷりかけて食べてみると…、

美味しーっ!!

食感と甘味が口の中で渾然一体となって、思わず顔も綻んでしまった程。
これは何たる幸せな食べ物か、と思ったね…。
あまりに美味しかった為、かなりボリューミーだった量もペロリと。
むしろおかわr(ry

コーヒーは、ダークと言うには私の好みよりはあっさり目だったけど、
もちろんこの絶品ホットケーキに合わない訳はなく、美味しく頂きました。

外に夜の帳が降り始めた頃、先客がそれぞれ店を後にして、やがて店内には私一匹に。
「月森」と言う店名に相応しく、夜に更に映える雰囲気にますます魅了され(写真4枚目)、
心地良い緩いBGMや本にも耽溺した結果、ついつい2時間以上も長居してしまった。

いやでも本当、それぐらい居心地が良かった。
晩ごはんの時間帯と言うこともあってか、他にお客さんも来なかったので、心から寛いでのんびり出来た。
これぐらいの時間を狙って、通い詰めたいと思ってしまったくらい、このお店は気に入った。

帰り際、女性オーナーと少しお話させて頂いたが、
この方がまた、穏やかで柔らか、のんびりした話し方の優しい方で、最後に何とも癒された。
更に素敵なのは常時口角が上がっていたこと。見習いたい!

いやはや、山の麓で素敵な森を見つけました。
絶対にまた来ます!


夜ごはん…「甘夏食堂」@六甲

やはり最近、2食ラーメンがキツい…のもあるが、
この日は近辺の他のラーメン屋に食指が動かなかったこともあって、
あるブログで記事を拝見してから気になっていた、こちらのごはん屋さんへ。

可愛らしい店名に対して、切り盛りしているのは男性2名。
2回はお座敷もあるらしいが、2名以上での案内なので、
当 然 単身である私は、白を基調とした1階のカウンターに。

メニューは、和風と洋風の定食2本立てで、後はカレーと飲み物、食後のデザートのみ。
この日は、和風は唐揚げおろしポン酢、洋風はハンバーグだったのでかなり迷ったが、結局、

「洋風ごはん(ハンバーグ)」(写真5枚目)

にしました。
更に小鉢は6種(かぼちゃ煮、切干し大根、ひじき煮、ゆず大根、高野豆腐、手作り豆腐)から選べたので、ゆず大根に。

何とも芳しい香りとそそる焼き音を経て供されたハンバーグは、
小ぶりながら2個あるので結構なボリューム。
箸で切れる程柔らかいそれを口に含むと、肉汁と共に、「家庭のハンバーグ!」と言った懐かしい味わいが溢れ出す。
ソースのまろやかさも相俟って、何だかしみじみ。

副菜のローストビーフは、むしろこれがメインでもいいくらいw、しっとりして美味しかった。
ゆず大根もほのかな爽やかさがいい箸休めになったし、
すりおろした人参をドレッシングにしたサラダも、またさっぱり。
お味噌汁はワカメと油揚げで、少しあっさり目。
もちろん、最初に口をつけておりますw

ふっくらごはんは、1回だけおかわり無料なので、もちろん頂くw
何せ、貧乏育ちゆえちょっとのおかずでたっぷり白米を食べる身、
一般的な食事だと、おかず半分以上が残った段階で最初のごはんがなくなるw

もちろんそれもペロリと平らげ、ごちそうさまでした!
うむ、やはり家庭的なごはんと言うものはいいねぇ。
人様が作ってくれたものなら尚のことw



この日は初めての店ばかりに伺いましたが、本当に行って良かったと思えたところばかりでした。
この付近に住まわれている方々に嫉妬してしまうくらいw

…でもまぁさすがの神戸市と言うべきか、市民税は鬼高いらしいので、やっぱり時々伺うくらいがいいのかしらw
そんな「ブランド都市」ではありますが、イノシシもいるよ!ww
DSC_0340.JPGDSC_0344.JPGDSC_0347.JPGDSC_0350.JPG20130216_000337.jpg
posted by まゆみ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

犬は喜び庭駆け回り

先週の週末が何とも暖かかった、その反動であるかのように、
2月2週目の週末は、鬼のように寒かった辺り、
私の休日はちょっとばかり呪われているのかもしれない。

まぁそんな「呪い」等払拭するくらい、遊びに行って楽しい経験もしているとは言え…、
兵庫県瀬戸内海側で雪がちらつくなんてのは、結構強烈な呪いな気もするぞww


1日目・ラーメン…「らーめん徹信」@西宮

この日は西宮界隈をブラブラとすることに。
ラーメン屋も多い地域ではあるが、如何せん、どの店も私の好みよりも若干味が濃い目。
最近の「たんろん」はかなり私好みの味になってはいるが、
そんなたんろんの、道路を挟んで真向かいに位置するのがこちら。

ご多分に洩れず、こちらも最初に訪問した際には塩辛さを感じたんやが、
それから色々と改良もあったと聞き、再度の訪問。

年齢ゆえか、肌のたるみが最近気になっている私、
お目当てはコラーゲン満載だと言う、

「鶏ラーメン」(写真1枚目)

でしたw
(コラーゲン的な意味で、豚軟骨トロトロ煮のある「だんじょう軒」と訪問を迷ったw)

さて、供されたラーメンは、「ラーメン人生JET」のそれのような、鶏の繊維がホロホロになった白湯スープ。
それを啜ると、JET程に濃くはない分、むしろ私の好みに合っていて旨いっ!
懸念していた塩辛さも感じず、更に無化調な分、鶏の旨味がじんわりと感じられる。
うむ、これは西宮界隈ではレベルの高いスープだわ。

惜しむらくは麺! やや縮れの、それだけなら十分に旨いものなんやろうが、
このスープとの相性は、私としては今ひとつに感じた。
この麺が変われば、相当な一杯になるはずなんやが…。

実際、レアチャーシューに火を通したようなチャーシューは、
ステーキのようなジューシーさで、珍しさもあってかなり旨かったし、
菊菜もさりげなくいいアクセントになっていた。

麺だけはアレやが、でもトータルではかなり気に入った!
たんろんと合わせてこちらには通いたいな。


1日目・カフェ…「cafe caho」@西宮

お気に入りのこちらにまたまた訪問。
今回はテイクアウトお菓子の偵察も兼ねて。
なので注文は、

「プレーンとバナナのマフィン」と「コーヒー」(写真2枚目)

にしました。

レジ横に並べられた中から選んだマフィンは、
特にバナナが風味豊かで、しっとりとして美味しかった。
相変わらず好みなテイストのコーヒーがまた合う合う。

明るい店内はこの日は一際まったりモードだったので、
寒くて外に出たくない分w、それに甘えてのんびりさせてもらいました。



2日目・ラーメン…「中華そば いぶき」@中崎町

この日は、

【OverTheDogs】@梅田シャングリラ

のライブだったので、ラーメンは天神橋筋界隈の激戦区を開拓することに。
ので、イリコダシが特長だと言うこちらの店に初訪問。
注文はオーソドックスに、

「中華そば」(写真3枚目)

で。

澄んだスープは、評判通りイリコの香る、あっさりしていながらじんわりと旨味のあるスープ。
ただ、もう少し何かが突出していないと、「うどんダシ」の枠にはまってしまうような気もした。

自家製だと言う麺は、これは相当旨かった!
ツルツル、モチモチとした食感が本当に小気味良く、
これはつけ麺で食してみたいな、とも。

チャーシューは二口大くらいの、しっかりした歯応え、薄目の味付けのものが2枚。
それよりも、しっかり味付けされたメンマと、プリプリしたわかめが旨かった。

前日とは打って変わって、麺が最強な一杯でした。
2日分合わせたらちょうど良く…なるってもんでもないなww


2日目・カフェ…「34 kitchen」@中津

先に述べた通り、この日の会場はシャングリラだったので、
下手に梅田にいるより、中津からのほうが近いと思い、こちらへ初訪問。
人気のない高架下の倉庫街に位置する為、見つけるまで若干不安にw

いざ見つけてみれば、その内観の、
グリーンに塗られた壁、北欧家具とスポーツ系のディスプレイのいい塩梅に、気持ちがホッとした。
階段下のある種の特等席(この席の椅子が特段フカフカw)に陣取り、

「スコーン」と「ブレンドコーヒー」(写真4枚目)

をお願いした。

スコーンは結構大ぶりで、甘さは控え目ながら、
中にココナッツが練り込まれているのか、その食感が何とも美味しかった!
1個200円だし、おかわりしたいと思ったくらいw

コーヒーは私の好みより少し酸味のあるタイプ。
十分に美味しかったけれど、こちらはエスプレッソ系が豊富なようなので、
その中のアメリカーノにしておけば良かったかな。

何にせよ、これまたまったり。
前日と同じくやたら寒かったので、やはり外に出たくなかったのw


さて、【OverTheDogs】のライブですが、これがまた素晴らしかった!
ファンとは言え、やはり新譜チェックを疎かにしていた私の心でさえ、
常時弾んでいたくらいの、「魅せる」ステージだった。
また、曲の1つ1つが、何とも私の好みに沿う。
琴線に触れる、と言う言葉が体現されているかのよう。

もちろん、モッシュが起こるような客層ではないんやがw、
それでも私は結構な汗だくw
楽しくてはしゃいでいたのが理由ではあるんやが、
穏やかで幻想的な曲達の、秘めたる熱にあてられたのも、理由の1つかもしれない。

彼らの大阪ワンマンを観るのは2回目だったが、
以前のそれよりも更に良くなっていた。
特にボーカル恒吉くんの表現力が、特段に増していたように思う。
しかし、可愛らしいとまで言えるような声と仕草を披露しておきながら、サラッと、

「(盛り上がって)胸出してもいいし〜」

なんて発言をしていたのには、
可愛い犬の中に潜んだ野性を見たような気がしたww

今回改めて思ったのは、このバンドはストーリー性が豊かなゆえに、ワンマンでこそ映えると言うこと。
なので、今後も是非ワンマンを観ていきたい。
彼らを追っていきたい。


2日目・晩ごはん…「玄三庵 西梅田店」@西梅田

18時から始まったワンマンライブだったので20時には終演、
そんな「早じまい」事情と、最近昼夜ラーメンが厳しいと言う胃袋事情、
更には、少しでも綺麗でありたいと言う、れ…ではなくて抗老化事情が重なったことにより、
かねてより気にはなっていたこちらの玄米ごはんカフェへと訪問。
注文はもちろんウリの、

「39品目の定食」(写真5枚目)

でございます。

定食を頼むと、まずは「飲む野菜サラダ」なるジュース、
それにナッツと温かい生姜のお茶が供される。

飲む野菜サラダは一見青汁チックだが、フルーツの甘味が効いていて飲みやすい。
ちなみにこれで8品目分らしい。なるほどw

まさに生姜、な香りのお茶を飲んでいると、定食が一つのお盆で登場。

黒すりごまのかかった玄米ごはん、麦味噌のお味噌汁、
この日のメインの豚肉と野菜の甘酢炒め、サラダ、
春雨サラダ、野菜の甘酢漬け、蕪の酒粕きのこあん
と言ったラインナップ。

大根ほか、具沢山の味噌汁でまずは口と箸を湿らせると、
その優しい味わいに、心がホッとする。

次に頂いた玄米ごはん、これがモチモチした噛み応えに豊かな風味で、大層美味しい。
おかわり自由なので当然頂きましたがw、何だか玄米にハマりそうだわw

メインのおかずは、豚肉は大きめのスライスが2枚、と言うちょっと寂しいものだったがw、
パプリカはじめ、甘酢で味付けされた野菜が美味しかったので満足。
それぞれの小鉢もいい箸休めになりました。

美味しくて身体にいいものを食べられたのには満足したが、
ラストオーダーが噛む時間帯に伺ったこちらも悪いとは言え、
その時間が過ぎた瞬間に、ちょっとした「早く帰れ」オーラを感じてしまったのだけは残念。
美味しかったからまた行きたいんやが、時間は選ぶべきかなー。



こうして、寒さの中でも外で駆け回った休日は幕を閉じました。
どちらかと言うと、「コタツで丸くなる」ほうが自分の性分だと思うんやが、
残念ながらうちにはコタツがないのだ!www
DSC_0310.JPG20130208_185943.jpgDSC_0319.JPGDSC_0323.JPG20130210_000955.jpg
posted by まゆみ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

シロクマ的胃袋行脚

休日は週末の2日間だったのですが、
木曜日にも、仕事前の時間を使って友人と会って来た為、
先週は合計3日、お出かけしてきました。
何だか得した気分でした。

その分、1日に巡ったお店は少な目、更には殆どが再訪ではありましたが、
もちろん、いずれも美味しかったので良し。


1日目・ラーメン…「ラーメン人生JET」@福島

職場の同い年の女性が、ラーメン(に加えてライブも!)が好きと言うことで、私と意気投合。
ならば一度一緒に食べに行くかとなったが、
彼女はコッテリ嗜好、私はあっさり好きと好みが分裂。
なので、どちらも味わえるこの店に、彼女をご案内。

私は久々の、

「和風醤油ラーメン」(写真1枚目)

を注文。

スッキリしつつも、鶏ダシのコクもしっかり感じるスープ、
ツルツル、シコシコな平た目の麺、
脂身甘く、肉感のあるチャーシュー、
やっぱり旨い代物でございました。

ちなみにその友人は鶏煮込みつけ麺を注文。
気に入ったようで何よりでした。

当然、と言うべきかその人は女性的な胃袋の持ち主でしたので、
食べ切れなかった麺&スープ割、豚めし(これが久々に食べたらまた旨かった)の半分は、
私が、自 分 の ラ ー メ ン を 完 食 し た 後 に、ペロリと平らげましたww
幾分縮んだとは言え、私の胃袋はやはり一般女性と比べたら巨大なようですwww


1日目・カフェ…「喫茶Stove 」@福島

これまた私お馴染みのカフェにご案内。
大事な人が出来ると、連れて行きたくなるようなお店なのよね。こちらは。

アラジンストーブがえも言われぬ「あたたかさ」を醸し出していた店内にて、

「いちごのロールケーキ」と「豆岳ブレンド」(写真2枚目)

を、お願いした。

…一応、ラーメン+αを平らげた後なんですがねw

それでも、程良い甘さが美味しいケーキは、スルスルと胃に納まる。
もちろん同時に、少しあっさり目な私の好きなテイストのコーヒーもどんどん進む。

そして話もどんどん進む。
仕事前の心安らぐひととき。

かなさん、この日はお付き合いありがとう!


2日目・ラーメン…「らーめん専門和海」@武庫川

この休日は、バレンタインデーの贈り物を見繕う為に地元をウロウロすることに。
ならばやはり、こちらのラーメン屋に行ってしまう訳ですw

この日も限定メニュー(ピリ辛塩魚介そば、ニンニク入り)が出ていたので、迷ったけれど、
もしかしたら人と会話するかもと思い、ニンニクは回避して、

「塩」(今まで載せまくったので写真割愛)

にしておきましたw

奥底から沸き上がるような旨味、やはり美味しゅうございました。
こちらのラーメンは「滋味滋養」と言う言葉が、本当に似合うような味わいだと思う。
鶏チャーシューは相変わらず絶!品!


2日目・カフェ…「knut」@甲子園口

バレンタイン用のお菓子は、パティスリー等よりもカフェで買うのが私らしいかな、と、
目をつけたこちらのシロクマモチーフカフェに再訪。

雑貨等を売り始めた為か、以前来た際とレイアウトがかなり変わっていた。
一人席用の椅子は、前のもののほうが良かったな…。

ともあれ、まずは、

「本日のシフォンケーキ(キャラメルティー)」と「ほうじ茶」(写真3枚目)

を頼む。

こちらのシフォンケーキは、本当にしっとりしていて、口当たりが気持ちいいくらいw
その代わり(?)、甘味はほとんど感じないので、ホイップクリームと絡めて食べるのがちょうどいい。
後味にほのかに広がるキャラメルティーの風味がいい感じ。
(この程度の風味なら、紅茶の苦手な私でも大丈夫)

ほうじ茶は飲んでいる内に身体がポカポカしてきて、気持ちもほっこり。
普段コーヒーばかり飲むから(ホットでも身体を冷やす)、新鮮な感覚だった。

美味しく頂きのんびりし、購入用お菓子の目星を付けて、
それを試しに買ったのち、退店。
翌週にもう1軒、私の好きなカフェを訪ねた上で、どちらで買うか決めようっと。


3日目・ラーメン…「谷町きんせい JUNK STORY」@谷町九丁目

この日は心斎橋CONPASSでのライブに行くことにしたので、
もう少し心斎橋寄りの店にしようかとも考えたが、
そう言えば年が明けてからまだこちらに行っていないなと思い至り、訪問。

いつの間にやら裏メニューがレギュラー化していたので、その、

「JUNKなまぜそば(濃口醤油ベース)」(写真4枚目)

を頂く。
ニンニクは一応考慮して、控え目でお願いしましたw

見た目はほぼ濃口醤油ラーメンそのままながら、レアチャーシューが厚切り仕様になっていた。
それを混ぜに混ぜてズズッと啜ると、
やはり濃口醤油ラーメン的な味が口いっぱいにw

しかし、コシの強い太麺に濃い目の、それでいて味わい深いタレが絡み、
そこにチャーシューやメンマの食感や風味も加われば、
口の中は旨さの洪水状態。やはりこの店は、何を食べても旨いとひしひし。

残ったタレにはライスを投入するのがベストなんやろうが、
つけ麺類と同じく、「麺に絡めてもそのまま飲んでもイケる、絶妙な塩梅」だったので、
ついついそのまま啜ってしまったw 旨かったww

少しニンニク臭い息でおくびをしながらw、店員各位に今年もよろしくとご挨拶。
変わらず美味しいもの、期待してます!


3日目・カフェ…「カフェ コロンビア」@長堀橋

心斎橋界隈をウロウロしていたら、時間があまりなくなった為、
CONPASSの目の前にあるこちらのカフェへと。

スタイリッシュな小バコ、と言った感じの店ながら、
地下にはジャズのリスニングルームがあるとか…さすがに、そちらに入る度胸はありませんでしたw

なので、入り口近くのアルミ製の椅子(これが割と座り心地が良い)に腰掛け、

「レアチーズケーキ」と「ブレンドコーヒー」(写真5枚目)

を注文。

レアチーズは硬めの食感で、何処か懐かしいような味わいと、しっかりした食べ応え。
コーヒーは、よくそう言った本で紹介されていただけあり、
苦味のあるなかなかの美味しさだった。

本当にハコの目の前の立地なので、ついつい開演時間までのんびりと。

さて、そんなCONPASSでのライブと言うのが、

「巡音彩祭」

なる、どちらかと言うと「渚音楽祭」的なメンツのイベント。
昔はこうしたジャンルにはさほど興味をそそられなかったんやが、
今回は、【psybava】と【jabberloop】が気になっての参加。

その2バンドはもちろん良かったんやが、
(ただ後者は時間が押してあまりじっくり観られなかったのが心残り。
ラスト曲の『シロクマ』にはアガったけどね)
一番手のアクト【OCTAVIO】が意外な程に楽しかった。

楽しく踊れる要素あり、発狂的な要素あり…で、その目まぐるしさが観ていて、聴いていて飽きない。
これはまたライブ観てみたいな。
こちらも渚音楽祭に出ていたバンドなので、
年齢と共に嗜好も変わってきていることだし、そろそろ「渚音楽祭」の初参加…なるか?w


先に述べた通り、時間が押してしまったので、残念ながらライブ後ラーメンは食べる間もなく帰途へ。

それでも、3日間ラーメンとお茶を楽しんだ分、満たされた週末でした。
この間に購入した、古着のスカートがあまりに可愛いことにも満足。

そんなスカートはコーデュロイ素材な為、ひとまずの賞味期限はせいぜい今月末まで。
次の週末には、それを穿いてのお出掛けしますよ!
DSC_0294.JPGDSC_0295.JPG20130202_052419.jpgDSC_0303.JPGDSC_0305.JPG
posted by まゆみ at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。