2013年08月15日

朝映えの音、今

給料入った日の仕事帰りには、フンパツしてラーメン屋に寄りますか、と言う訳で、

「尼龍」@尼崎センタープール前

に、実は初訪問してみました。
何かと話題にはなるお店ながら、立地的な関係で行きにくかたので、ようやく。

「チャーシューの天ぷら」やら「限定ラーメン」の評判は聞いていたのだが、
何分初めてだったので、やはり基本たる、

「尼龍ラーメン(醤油)」(写真1枚目)

を頂く。

スープは鰹が効いたあっさりテイスト。
ほんの少し単調にも感じられたが、それでもじんわりと旨い。

麺は池村のものと聞いていたので、これは抜群の旨さだった。
そして特筆すべきはチャーシュー!
かなりのボリュームに加えて、ほのかにしょうがの効いた味付け、
ホロリとした口当たりから溢れ出てくる旨味…と、瞠目ものの逸品。
同じように味付けされたであろう煮玉子もまた美味しくて、
具に対してなかなか唸る一杯でありました。

某店の大将繋がりで、こちらの大将ともお話させて頂いたが、
ラーメン談義に思わずエキサイトしてしまう私w
しかしこれもまた楽しいひとときでした。


さて、そんな給料日直後の土曜日には、

「MORNING RIVER SUMMIT 2013」@大阪城野外音楽堂

に、参戦。

それのついでに、もちろん色々食べる。


昼ラーメン…「ラーメンSTYLE JUNK STORY」@谷町九丁目

開店3周年はこのひと月程前に迎えていたこちら、
しかし、それに伴う記念メニュー販売は先伸ばしになっていて、
この日を含む4日間、ようやくその記念限定がお目見え。

その内容は日替わりで、私はこの日のみ行けたのだが、
休日だったせいもあるのか、開店1時間前の段階で20人待ち!
それから食すまでには、約2時間待ちましたな…。
まぁ無事に、その限定、

「鶏豚牛スジのラーメン」(写真2枚目)

は注文出来ましたが。

ラーメンの上には穂ジソとチャーシューのみが乗っており、
煮玉子、メンマ、玉ねぎ微塵と言った具は別添え。

それらの投入は後程にして、まずはスープを一口。
牛スジの甘味と、鶏豚白湯のまったりさがいい具合に絡み合った、やはり美味しいものだった。

自家製麺の旨さはもはや言わずもがな。
チャーシューは珍しく火の通ったものだったが、それもまた旨かった。
玉ねぎの食感や穂ジソの風味は、ともすればややコッテリな味わいのいいアクセントになっていた。

かように、記念限定に相応しい一杯ではあったが、
一つ残念なのは、自分の席が扇風機の真横だったせいで、
レンゲに掬ったスープは飛んでいくは、
小さい具や口元を拭いたティッシュは飛んでいくはで、
100%味に集中出来なかったことw

今は強力クーラーを投入したらしいので、改善されているとは思うが…まぁともかくも、3周年おめでとうございました。


カフェ…「beyer」@玉造

谷九から地下鉄で玉造に出て、こちらのブックカフェへ久々に。
ロフト的なカフェスペースには先客もいなかったので、
座布団と座卓の席にて、文字通り足を伸ばしながら、

「焼きカステラ」と「コーヒー」(写真3枚目)

を、お願いした。

表面を焼いたものと焼いていないもの、2種が盛られたカステラは、
焼いていないもののほうが好みだったと言う本末転倒ぷりw
しかしいずれも、甘さ控え目でしっとりした口当たりで美味しい。

そしてコーヒーがまた美味しかった!
どっしりとした苦味がありながらキレが良い。

魅力敵な本にも囲まれて、野外ライブで弾ける前に、緩やかなひとときを過ごせた。

ただ、開演時間の関係であまりゆっくりは出来なかったので、
今度はライブのない際に、時間を気にせずに来てみたいな。


そうして大阪城野外音楽堂の、「MORNING RIVER SUMMIT 2013」に参戦。

何分暑くて、序盤の【フレデリック】【MY FIRST STORY】【CHEESE CAKE】辺りは、
楽しみつつも、若干グッタリしながら観ていたんやが、
初聴きの【Hemenway】の爽やかギターロックで、ちょっと回復。

その後は、【小西泰葉】の声量や、【KNOCK OUT MONKEY】の激しさと人気ぷりに驚きながら、
トリ1つ前の【The SOLOVERS】にて、ようやく身体が動き出すw
さすがに夕方で涼しくなっていたしねw

そして、久々に聴いたサラバはやはり良かった。
『SAD GIRL』1曲の高揚した分だけで、前半バテていた分は取り戻せた気分w

トリの【KEYTALK】はもちろん楽しかった!
『UNITY』始まりだったのもガチアガり!
久々に『太陽系リフレイン』が聴けたのも嬉しかったし、
『fiction escape』の楽しさもやはり抜群。

『トラベリング』での客席爆発具合に充てられて、アンコールの『sympathy』までしっかり堪能。

思えば、このバンドに初めて会ったのが、3年前の同イベントだったので、しみじみしていたら、
ギターのたけまさ(ぺーい)氏がまさに、「3年前観てくれてた人〜?」と挙手を募り出したので、何だか更に感慨深くなった。

ちなみに手を挙げたのは私含めて2名と1匹程。少なっww


そんな、ちょっとした懐かしさも感じた、楽しいイベントでありました。
…しかし、年々暑さに弱くなっていくなぁ…。
もう真夏の野外ライブはキツいかな…。


夜ラーメン…「ラーメン人生JET600」@玉造

そんなバテた体力回復の為にこちらへ赴き、
前に数人待ちで一際バテるw

昼に食べたのが白湯系だったので、こちらでは久々に、

「和風醤油ラーメン」(写真4枚目)

を、注文。

和風と言えども割とオイリーさはあるが、相変わらずその奥にはしっかりダシ感があって旨い。

自家製麺もチャーシューもやはり旨くて、無事に体力回復をなし得ましたw



…夏の暑さにはヘタるクセに、ラーメンの熱さは平気と言うのはこれ如何にwww
DSC_1112.JPGDSC_1116.JPGDSC_1118.JPGDSC_1122.JPG
posted by まゆみ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

アイス・熟成

本日、31年ものの豚肉になりました。



どうせアイスならセブンティーンのほうが良かっ(ry
posted by まゆみ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

一匹(参戦)のワルツ

7月2週目の金曜日(12日)は、【Czecho No Republic】@心斎橋JANUS、
3周目の木曜日(18日)には「Talking Rock Fes!2013」@なんばHatch、と、
2週連続でミナミでのライブに参加してきました。

その時に食べたものが、幸か不幸か写真5枚で収まるので、
その2日間の話を一気に綴ることにする。


12日・ラーメン…「ラーメンSTYLE JUNK STORY」@谷町九丁目

この日は、特に限定狙いではなかったのだが、
いざ行ったらばそれが残っていると言うことで、ありがたく、

「冷やし塩らーめん」(写真1枚目)

頂いておきましたw

冷やすことで、一際鰹の風味が効いたさっぱり目の塩スープで、
やや硬めに茹でられたシコ麺が進む進む…。

そして何より、地鶏のタタキは本当に絶品!
甘味すら感じる味わいに、夢見心地なくらいにしっとりした食感…、
これらを、火が通る心配をせずにゆっくりと食せるのは幸せ。

特殊なトッピングとしては、りんごのシャーベットが乗っていたが、
私のバカ舌では、スープに溶かした才の存在感はあまりわからなかったw
むしろデザートとして頂きたかったw

ともあれ、清涼感溢れる一杯を頂きました。ごちそうさま。


12日・カフェ…「スタンダードブックストア」@心斎橋

いつ来ても本も雑貨もツボなお店、そしてメニューもツボですわ。
今回は、

「キャラメルチーズケーキ」と「アイスコーヒー」(写真2枚目)

の、セットを注文。

チーズケーキは、結構しっかりとキャラメルの風味が効いたもの。
滑らかで美味しいしボリューミーだけど、
私としては、やはりいつも頼んでいるスコーンのほうが好きかもw
コーヒーも、ホットのほうが量的にも好きかもw もちろんアイスも美味しいけどね。

この日も、お店の本(売り物)を持ち込んで、のんびりまったり。
相変わらずの幸せなひとときでした。


そして【Czecho No Republic】のワンマンライブに赴く。
私にとっては初の心斎橋JANUSだったが、新しいハコとは言えそのお洒落さにびっくりw
お手洗いが自動ドアだったよ!ww

そんな空間でのチェコのライブは、何ともピースフルでハッピーなものでした。

ワンマンにまで来てみた割に、そこまで聴き込んでいるバンドと言う訳でもないのに、
その音の一つ一つに、心弾まされ、身体踊らされる。
(そう言う音楽だからこそ、逆にワンマンにまで行きたくなった訳やが)
『一人のワルツ』『レインボー』『ダイナソー』、アンコールの『ショートバケーション』…どの曲も楽しかった!

そして、相変わらずタカハシマイちゃんは可愛かったですw


12日・夜ごはん…「大阪王将(西心斎橋店?)」@心斎橋

あまりピンと来るラーメン屋がなかったので、たまにはラーメン以外を食べようと、ふと思いついてこちらに。

「焼飯」と「焼餃子」(写真3枚目)

と言う、中華料理の定番、別名ダイエットの天敵をw

どちらも無難に旨かったけれど、餃子の味は(京都)王将のほうが好きかな。
でも焼飯はこちらのほうが好み!

大テーブル席だったので、近くのおっちゃん達がビールと共に唐揚げやら炒め物やら食べているのが、何とも羨ましかったw


18日・ラーメン…「らーめん専門和海」@武庫川

冒頭で述べた通り、この日のライブはなんばだったのだが、
こちらに半月程顔を出していなかったので、なんばに出る前に立ち寄る。

醤油を食べる気満々だったのだが、大将に、塩スープの出来がかなり良い、と唆されたのでw、

「塩」の「玉子かけごはんセット」(写真4枚目)

にしましたw
前も唆されて塩にしたようなw
そしていつも出来はええがな!w

私のバカ舌では、その格段の出来を確かめられなかったのだがw、
もちろんいつもながらに大層旨い一杯。
玉子かけごはんもうんまい。

この日もごちそうさまでした。「あす流」とのコラボ楽しみです。


18日・カフェ…「A-STYLE KITCHEN」@堀江

こちらのカフェは、場所柄多少割高ながら、雰囲気もメニューも気に入っていて、
これまでもちょこちょこ訪れていたのだが、
今回久々に行ったらば、デザートのメニューがやたら変わっていた…。
大好きな「さつまいものスコーン」がなくなってたよ…。

なので、新しいメニューの中から、

「バナナのチーズケーキ」と「アイスコーヒー」(写真5枚目)

を選んだ。

チーズケーキは予想に反してレアタイプのもので、
バナナとの取り合わせが美味しかったんやが、
レアだとは思っていなかった分、ほんの少しだけ、肩透かし。
アイスコーヒーも以前はもっと美味しかったように思うんやが…むむ。

相変わらず雰囲気は良かったし、店員さんの愛想も良かったんやが、
以後のリピートはちょっと考えてしまうなー…むーん。


そんな多少のアレはありつつも、いざ「Talking Rock Fes!2013」(の1日目)へ。

オープニングアクトの【KANA-BOON】は、ひょっとするとこの日1番の盛り上がりだったかもw
実際格好良かったしね。オープニングアクトでは甚だ役不足だと思うわー。

【tacica】は久々に観たんやが、いやはや、歌声が素晴らしい!!
激しさはなかったけれど、私としてはこの日最もグッと来たバンドかも。

【the band apart】はキラキラしつつもゆるゆる踊れて楽しかった。
「木曜の晩」のライブならでは、と言うべきか、ラストに『Eric.w』が聴けたのは嬉しかった。
この瞬間は、いい意味で緩く踊っている場合ではなかったw

そして我らが【THE BACK HORN】。
何せ私には4ヶ月ぶりの彼らのライブだったので、緊張も一際。

いざ始まった
ライブでは、
初っ端の『ブラックホールバースディ』にアゲられ、
レア曲枠の『カウントダウン』には興奮したものの、
何分、尺が短かったせいか、長いことお預けを食った分期待し過ぎたのか、若干不完全燃焼だったなぁ。

アンコールに『光の結晶』を持ってきていたのも、
夏らしくて良かったんやけど、やはりここでは無限なり刃なりを聴きたかったと言うか…私もワガママだなw

それでも、久々に彼らに会えたことは本当に嬉しかったです。

それに伴い、多数のバックホーン仲間にも久々に会えたことも、また然り。



この後は時間がなくて夜ごはんが食べられなかったり、
先に述べた通り、ほんの少し引っかかりもあったりした1日でしたが、
それでも楽しかったです。
DSC_1056.JPGDSC_1058.JPGDSC_1063.JPGDSC_1065.JPGDSC_1069.JPG
posted by まゆみ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

(小話)こんぼう→傘

晴雨兼用傘を買った。

いや、年齢から言うととっくに日傘なぞ買っておかねばならなかったのだが、
如何せん金欠な身、なるべく安くで自分好み、なものがなかなか見つからなかったのである。

安いことはもとより、どうせ持ち歩くならば晴雨兼用がいいこと、
とは言っても、傘を持ち歩くこと自体が嫌いなので、出来る限り折畳み式がいいこと、
挙げ句、鞄に入れておくにしても重たいのも嫌なので、軽ければ軽いもの…、

と、金がない割に条件ばかりはあったので、なかなか購入に至らなかった。

しかし7月31日、なんばのとあるバラエティショップの店先に目を向けると、
525円と言う価格で晴雨兼用折畳み傘が並べられていた。

それでも、普段の私ならばその金額でもスルーしがちなのだが、
「事情」があったがゆえに、
ある程度購入意欲を持って、その色々な傘をためつすがめつ眺め出した。

そして一本をふと手にした時、勢いよくスポン!と抜け出してきて、その軽さに思わず瞠目。
日傘としてはもちろん、単純な折畳み傘としても軽い。
その分、若干小さかったりはするんやろうが、
その軽量っぷり、そして「事情」が決め手となり、即座に購入を決意。
紺地に花柄、はその1本しか残っていなかったので尚のこと。

…ちなみにその「事情」とは、

この後この地で、【THE BACK HORN】のライブがある

と言うこと。

すなわち、超絶雨男ボーカルによる、急な雨降りを懸念した訳であるww
多少雨予報も出ていたので尚更。

まぁ結局、その日は意外にも?雨には見舞われなかったので、
こちらの活躍はこれからになりそうである。
夕立も多い時季だし、頑張ってもらうとするか。

…そう言っておきながら、肝心な時に鞄に入れ忘れているのが私クオリティなんだろうなww

そして、これだけ吟味して買ったのにも関わらず、
折畳み式の傘を畳むことすら面倒臭いと感じた私と来たら、もう本当に救いようがないwww
DSC_1136.JPG
posted by まゆみ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。