2010年12月08日

白に染まれ

さて、何かと滴りまくりの空間にて、ウォーオーオ!\(^O^)/ウォーオーオ!!してきた翌日は、

【FOX LOCO PHANTOM】【KEYTALK】【JANGA69】etc...@福島 2nd LINE

でのライブですよ。

惜しくも活動休止を発表した狐の一旦見納めはもちろんですが、
何より【KEYTALK】が観たくての参戦。
後、かねてより気になっていた福島のバンド、【JANGA69】も観たかったしね。



…の前には、前日の体力回復と、当日の体力増強用に、もちろんラーメンとカフェ。
そして、福島でのラーメン、と言えばもはやお決まりの、

「ラーメン人生JET」

ですともw

土曜日ながら、幸い並ぶことなく入れたらば、またしても定位置へ案内されるw
何気に覚えられてたりしてww

さて注文は、数量限定のがまだあると言うことで、

「鶏煮込みそばと白ごはん」(写真1枚目)

にしました。

5分くらいで供されたラーメンからは、久々の、そしてやはり芳しい香りがフワリ。
ズズッと啜ってみると…ああもう、相も変わらぬ旨さ!

程良い濃厚さと、ジンワリとした旨さが舌に絡み付き、
それでいて重たく残らない。
鶏白湯のスープには、いつの間にやら微塵切りのパセリが入っていて、一層後口が良くなっている感じ。

煮込んだ鶏のカケラが纏わり付く麺には、もちろんスープも良く絡む訳で、
プリプリの食感と相俟って、やはり絶妙な旨さ。

チャーシューも本当に優秀!
私は何気にチャーシューはそこまで量要らんと思てるんやけど、
このチャーシューならば何枚でも食べたいと思うくらい、
味、歯ごたえ共に申し分なし!


相変わらずの旨さ、BGMがメロコアに戻っていたこと、
そして何より、夜の営業時間が伸びて24時迄になっていたことで、
ライブ後にも行けるようになっていたこと。
もう全てにおいて非の打ち所のないラーメン屋ですな。

…強いて言うならば、店内にお手洗いが欲しいのと、
後、テーブルにはティッシュ置いて欲しいな。


まぁそれでも大満足ですとも! 夜にも来たいくらいw


その後は、福島近辺には時間を潰せる場所がないので梅田に出る。

色々と服を見て回るつもりだったのに、
人多過ぎでなかなか進めず、結局UNIQLOでカットソー買っただけで時間切れw ちぇっ。



まぁ仕方がないので福島まで再び戻り、ライブ前のカフェ休憩。
この日のお店は、元有名店の「a terre」が、リニューアルオープンした、

「fouet゜」

へ。ちなみに読み方は「フエ」。

以前は2階にあったお店を、1階に移して、やや小さくさせた規模でのオープン。

「a terre」時代にも行ったことあったけど、
その頃と内観はさして変わらぬ、白を基調としたナチュラル系。うん、落ち着く。
そして、その時代は撮影禁止やったんやが、それもなくなっていたようで何より。

…まぁ、土曜日ゆえ満席に近い客入りだったので、内観を撮りまくると言う訳にはいかんかったが…。
まぁ、感じはわかるであろう写真を1枚(写真2枚目)。
…人様の顔はもちろん避けましたが、LO〇Tの紙袋くらいは大目に見てもらおうw

さて、入口から最奥にあたる2人掛け席にお邪魔し、
(最初は図々しくもカップルシート的なソファーにお邪魔してたんやが、
複数連れのお客さんが来たので移動した)

「キッシュセット」(写真4枚目)

をお願いした。
セットの飲み物は、コーヒー、カフェオレ、紅茶から選べるので、カフェオレを選択。

実は、「a terre」時代にこちらのキッシュを売切れで食べ損ねていたので、
今回ようやく頂けることに、ちょっとワクワクw

やがて提供されたキッシュは、
大きなプレートに、サラダとピクルスと共に乗せられたもの。

サラダは添えられたラスクが何か旨かったw
ドレッシングが酸っぱくないのは良し。ピクルスは歯ごたえが良いね。

さて主役のキッシュですが、ジャガイモやズッキーニ、キノコがゴロゴロ入っていて、
フワフワの玉子とのハーモニーが何とも旨い。
時折、表面部分のチーズやサクサクの生地を共に口に入れれば、それもまた旨い。
うん、やっぱりキッシュ大好き。

こちらのカフェはべーグルサンドも本当に美味しい(a terre時代に賞味)ので、
今度はそれとキッシュのセットを頂きたいな。

美味しく頂いた後は、フワフワの口当たりのカフェオレに癒されながら、持参した小説を読む。
(このお店には、カフェによくある雑誌や小説等の類は置いていない)

ちなみにこの日の本は、【森村誠一】の『誉生の証明』。
相変わらず森村節満載の作品でしたが、
後半の人間関係の描き方に、これまでになく萌えたw



そうしてしばらくゆっくりしたのち、ハコへと移動。
2nd LINEから5分とかからないお店の位置が有り難い。



…色々と想像以上だったライブのレポはまた後日に上げるとして、
ライブ後のラーメンの話もここで。

再び「ラーメン人生JET」に行っても良かったんやが、そう言う気分ではなかったので、
以前見かけて、その漂う豚骨臭が気になっていた、

「九州ラーメン 片岡製作所」

にお邪魔した。

…ちなみに、匂い以上に訪店の決め手になったのが、
外看板の上に飾ってあったオブジェw(写真4枚目)

これが電動で上下に動いているのですよw
その動きがまた何とも言えずシュールで、妙に惹かれたww

それを横目に入店すると、外観から想像するよりずっと奥行きのある店内に、先客は3名。
まぁ時間も23時過ぎやったしね。

店名に「九州ラーメン」を冠しているだけあって、
メニューには黒マー油ラーメン(熊本)や、長崎チャンポンの名も。

しかしここはやはり基本を食べておかねば、と言うことで、

「(博多)ラーメン」(写真5枚目)

を注文。

5分程で提供されたラーメンは、ほのかに豚骨臭漂う白濁したスープで、まさに博多仕様。

しかし、口に含んでみると結構サラッとしており、臭みもそこまで主張せず、程良く香る感じ。
インパクトは強くないけれど、結構美味しいのは美味しい。

麺は、本場博多のものよりも恐らく少し太めで、しかしこれもこれで、適度な歯ごたえもあり美味しい。

チャーシューはホロリと崩れる巻きバラ仕様のものが2枚で、
これが味付けも食感も良かった!
(本場のとはやはり違う気もするが)

デフォルトで入っている味玉(半玉)は、カツオの味がよく染みていて、これは特に気に入った!
ここ最近では1番美味しいと思えた味玉かも…。
650円と言う安価でこの味玉、そしてチャーシュー2枚を頂けるのはコスパが高いほうだと思う。


総評…博多ラーメン、と言ってしまうと異なる部分はあるやろうし、
ガツンとインパクトのあるものではないけれど、
結局は全汁してしまったくらいには、美味しく頂けるラーメンだと思う。
チャーシューと味玉は本当に高レベルでした。

そして、この辺りで「純粋な、少しライトな豚骨」が味わいたい時には、うってつけな店かと。

独特なものが食べたい時にはJET、濃い味が食べたい時には上方屋、
そして、それらの気分でない時はこちら、と、
福島界隈では使い分けが出来そうですな。



…余談ながら、ライブ終了時に投入したアルコールで、少し酔っ払っていたのに加えて、
前日の激しさ+この日の長丁場、で少し疲れていた私、
うっかりラーメンを鼻に持っていってしまったのは、
内緒の話…と言いたかったが、とっくに某SNSのボイス欄にて暴露してしまっていたわwww
101204_1405~010001.jpg101204_1619~01.jpg101204_1627~010001.jpg101204_2341~01.jpg101204_2324~01.jpg
posted by まゆみ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「九州ラーメン 片岡製作所」 福島
Excerpt: 12月14日は大阪市福島区2号線の福島1交差点を北に上がったところにある「片岡製作所」に行ってきましたブログランキングをクリックしてくれたら嬉しいです      ↓ 
Weblog: ランチとラーメン in KANSAI♪
Tracked: 2011-01-05 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。