2013年05月17日

歓喜の…

私にとってのG.Wは5月3、4、6日でして、
いずれの日も何やら食べたり、ライブに行ったりしていたのですが、
食べレポのみを先にサクッと書いてしまいたいので、
日付が前後しますが、6日の話を先に。


この日は、色々なラーメン屋にてG.W限定メニューを出していたので、それをお目当てにしてのウロウロ。


昼ラーメン…「中華そば 無限」@海老江

こちらのG.W限定は鯛ダシのラーメンと言うことで、ワクワクしながら向かったんやが、

ちょうど、私の直前で売り切れ orz

仕方ないので、デフォルトの、

「塩そば」(写真1枚目)

を頼む。

絶妙なダシ感、且つあっさり過ぎずこってり過ぎずな素晴らしい塩梅のスープ、
これまた素晴らしい食感の麺、
ジューシーで旨味たっぷりのチャーシュー…と、
もちろんべらぼうに旨くて満足はした訳やが、
限定を食べ逃したショックはちょっと引きずってました、ハイw


カフェその1…、「喫茶Stove」@福島

この界隈に来たらやはり訪れたいお店。
休日だったが無事に1卓分は席が空いていてひと安心。

その1卓に腰掛け、こちらも限定と言う訳ではないが、
スイーツに新しいメニューが加わっていたので、その、

「抹茶のシフォンケーキ」と、いつもの「豆岳ブレンド」(写真2枚目)

を、お願いした。

甘さ控え目でほのかに抹茶の香るケーキは、ふわふわな食感で何とも美味しい。
こちらのお店は何を食べても美味しいけれど、これもその期待を裏切らぬ代物だった。
もちろん絶品なコーヒーと共に、美味しく頂く。

それなりに混んではいたが、薄い文庫本を1冊読み切れるぐらいにはのんびり滞在出来て、心も解れた。


その後、JRの福島駅から環状線に乗り、玉造へ。


カフェその2…「ヴィーナーローゼ」@玉造

この界隈に来たお目当ては、のちの限定ラーメンだったのだが、
ドイツ菓子と、更にはコーヒーが逸品だと言うこちらにも、是非訪れてみたかった。

店内は落ち着いた感じで、流れているクラシックのBGMも相まって、
何処か野田の「カフェ バーンホーフ」を思わせる雰囲気。
ブレンドコーヒーのメニューが3段階に分かれているのも、ますますそれっぽいw

注文は、

「ヴィーナータルト」と「ヴィーナーブレンド」(写真3枚目)

と、やたら店名を冠したものばかりにしてしまったw

そんなタルトは、ナッツの風味としっとりした食感が、素朴で美味しいもの。
ドイツ、なイメージ通り、派手さはないがしみじみとした美味しさがある。

そしてコーヒーが、お店の奥様に最もバランスの良いブレンド、と勧められた通り、
苦味と酸味の割合がドンピシャ私好みなもので、その美味しさには思わず瞠目。
この味もまた、バーンホーフ級に素晴らしい!

美味しいお菓子に絶品コーヒーを口にしながら、心地良いバロック音楽に耳を傾ける…何とも素敵な時間を過ごせました。


夜ラーメン…「三谷製麺所」@鶴橋

通常は土日の昼のみにイートインを行っているこちら、
しかしG.W中は夜もイートイン営業する上、限定メニューも出すとのことで、いそいそと行ってみることに。

こちらは無事にその限定の、

「とんこつラーメン」(写真4枚目)

にありつけた。

若干生姜の効いた豚骨スープは、濃厚過ぎずそれでいて旨味は十分。
かなりの旨さなのだが、私にとっては少しだけ塩気が強かったかな。

この限定用に作られた細麺は、もちろん言うことナシの旨さ。
食感に喉ごし、初めて食べた際に感動した通り、「製麺所」の名にあまりに相応しいもの。
こちらの普段のチャーシューは鶏なのだが、
この限定に限っては豚チャーシュー。
これがトロけるような口当たりでまた旨かった!
このチャーシューをいっそデフォルトにすればいいのに、と思った程。
何にせよ、美味しく頂きました。


…最後に、玉造界隈で見かけた、「ピンと来る人にはピンと来る」看板w(写真5枚目)

オーオオーオオーオオー(^0^)/
DSC_0763.JPG20130506_160252.jpgDSC_0768.JPGDSC_0771.JPGDSC_0770.JPG
posted by まゆみ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361840289

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。