2013年05月21日

GENZITSU EARLY SUMMER

日付が多少前後しまして、G.Wの3、4日はそれぞれ、
地元の常連店を訪問→京都での【KEYTALK】のライブ、と楽しんで来ました。

相変わらず足は不調で、びっこを引きながらではありますが、
存分に休日は堪能したので、そんなレポを纏めて。


3日・ラーメン…「らーめん専門 和海」@武庫川

地元の常連と言えば…ねぇw
こちらは翌日からG.W休みに入るとのことだったが、その直前たるこの日に限定を出すと聞き、もちろん伺う。

相変わらず長蛇の列で開店一巡目には入れなかったが、無事限定の、

「鶏白湯塩らーめん」(写真1枚目)

にはありつけた。

見た目こそ、デフォルトの塩とあまり変わりないようにも思えるが、
そのスープは紛うことなき鶏白湯。
口当たりはさらりとしているが、さながら鶏ポタージュと言いたくなるような旨味はたっぷり。うん、旨い。

麺も鶏豚チャーシューも、もちろん言うことなしの旨さで、
最後のライススープ投入、そのラスト一粒まで旨かった!

いつも美味しいラーメン、本当にごちそうさまです。


3日・カフェ…「廣屋珈琲店」@甲子園口

こちらもお馴染み…ではあるのだが、実はちょっと日が開いての訪問。

こちらでも、月限定の豆、

「エクアドル・アンデスマウンテン」に、定番の「濃厚チーズケーキ」(写真2枚目)

を付けて注文。

スッキリとした苦味と後口のコーヒーは、やはりこちらならではの美味しさがあり、しみじみと満足。
もちろん美味しいチーズケーキにも、心ホクホク。


そして翌日にはいざ京都へ。
G.W中のこの地、と言うことで、当然ながら中心街、観光地付近は避けましたw


4日・ラーメン…「味蔵」@大宮

繁華街一歩手前のこちらにて電車を降り、割合有名なこちらへ。
全てがテーブル席と言うラーメン屋らしからぬ(もちろんありがたいのだが)店内にて、店名を冠した、

「あじくらラーメン」(写真3枚目)

を注文。

鰹節ととろろ昆布がふんだんに乗ったラーメンの、まずはスープだけを飲んでみると、
割とあっさりしつつ、旨味はしっかりとある塩豚骨の味わい。
これだけでももちろん旨かったが、例の鰹節やとろろ昆布と共に口に含むと、更に旨味が増す。
派手ではないけれど、何だかクセになりそうな多重な味。

麺も特徴は然程感じなかったが、スープに合っていて旨かったし、
薄切りなチャーシューは、その控え目さがむしろいいようなw
それよりも、メンマの味付けが私好みだったなぁ。

これで600円だと言うお値打ちラーメン、美味しく頂きました。


4日・カフェその1…「ラトナカフェ」@大宮

京都によくある町家改装カフェ、その中でもチャイとカレーに特化したこちらにお邪魔。
縦長の店内には、木のテーブルにベンチ、そしてスパイスの香りが立ち込める。

これも町家ならでは、坪庭が臨める最奥の席にお邪魔し、

「チャイ」に初挑戦したのと、唯一のおやつメニュー「いつものチーズケーキ」(写真4枚目)

をお願いした。

…コーヒーもインド産の独特なものらしかったので、
そちらにしようとも思ったが、何となくチャイに挑戦してみた。
スパイスが何も入ってないものを選んだ為か、紅茶よりも飲みやすくて、むしろまろやかさが美味しかった。
…むむ、これは逆にハマるかもw

チーズケーキも、下手なカフェのものより、よっぽど舌触り滑らかな美味しいもので、
やや小ぶりではあったものの、200円と言う値段を考えれば十分。
繁華街のカフェなんて、同じくらいのサイズで4、500円、更には半端な味の場合もあるからねぇ…w

並んでいたインド関連の本を読んだりしながら、
連休中の京都とは思えぬ、のんびりした時間を過ごさせてもらいました。


4日・カフェその2…「SONGBIRD COFFEE」@二条城前

二条城はさすがにそれなりの人出だったが、
その近くの、デザイン事務所の上にあるカフェは、
多少道が隔たっていた為もあるのか、賑わってはいたが、満席と言う程ではなくてひと安心。

白を基調とした空間に、カラフルでありながらスタイリッシュな椅子が並んでいて何ともお洒落。
さすがはデザインストア関連のお店。

窓際の2人席に陣取り、

「吉岡コーヒー」と「シナモントースト」(写真5枚目)

を頼んだ。

コーヒーには3種類(浅煎りも含めると4種類)あって、
それぞれ、名古屋の吉岡コーヒー、京都の六曜社と、かもがわコーヒーからブレンドを取り寄せているとのこと。
その中でも最も苦味が濃いのが吉岡コーヒー、らしいのだが、
確かに、かなりガツンと来る、重みのある苦さ。
私の好みよりは若干重いかなー…。
京都のものはいずれもそのお店で飲んだことがあったので、こちらにしてみたんやが、
ガチ美味だった六曜社のものにしておけば良かったかしらw

シナモントーストはふわふわのパンとほのかな香り、添えられたクリームが美味しかった。
やはりいいコーヒーのお供。

空間よりも味よりも尚、こちらは店員さんの対応が素敵だった。
特に、黒髪ショートカットのお姉さんが、とてもにこやかな接客をしていて、惚れそうになったw
このお姉さんと、名物玉子サンドを食す為の再訪、アリかもねw


さて、【KEYTALK】のライブですが、会場たる京都MOJOはもうパンパン!
しかし運良く後ろのベンチを陣取れた為、ステージはよく見えた。
足的にあまり暴れられなかったので、ベンチで十分だったし…とは言いながら、
ライブが素晴らしくて、それなりには身体揺らしたり、軽く跳ねたりはしていたんやけどねw ベンチ壊れなくてよかったw

もちろん新譜の曲が大半だったが、どれも本当に楽しく聴けた。
『friction escape』での手拍子楽しいw
巨匠も義勝君も連日ライブのせいか、声は若干調子が悪かったが、
それがむしろライブに「味」を加えていたように思う。

本編ももちろん十二分に楽しかったんやが、
体力の9割は、アンコールの、
『夕映えの街、今』『トラベリング』『アワーワールド』と言う、怒涛の流れで消費したw
もう、最後にして興奮の坩堝w 大満足なライブだった。


ライブが良かったらグッズを買う、が私のポリシーなので、巨匠モチーフのw缶バッジ購入。
可愛かったのだが、後日雨に濡れたら若干絵柄が滲んでちょっと涙目w


ライブ後にもいつも通りラーメンと洒落込むつもりやったんやが、
何やらスマホの調子がおかしかった為、残念だけど早々に帰宅しました。

それでも、特にライブの面で充実した休日だった!

やはりライブは私の生きがいだと、改めて思った次第です。
DSC_0736.JPGDSC_0746.JPGDSC_0752.JPGDSC_0755.JPGDSC_0760.JPG
posted by まゆみ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。