2013年06月26日

甘い水を飲んでおけば良かったのだろうか

今後、仕事の繁忙期で少し忙しくなる為、今回の日記はサラッと。

6月14日の金曜日は、【クリープハイプ】のライブチケットが入手出来なかったので、
暇になった分、フラッと芦屋(川)のほうへお出かけ。


お昼ごはん…「まるさん 松本」@芦屋川

どの駅からも多少不便な立地にありながら、美味しい魚を頂けると評判のこちらに、ようやく訪問を果たせた。

海鮮丼やお造り等の定食の他に、
黒板には「その日の魚」メニュー が書かれているので、そこから選ぶのも可能、と言うよりむしろウリ。
なので、そんな魚メニューの中から、

「千葉の真あじ」(写真1枚目)

を選択。

魚によっては、半分をお造り、半分を焼きor煮付けにしてもらえる良サービスっぷり。
なのでもちろんこちらも、お造りと焼きでお願いした。

まず、鯵のお造りと、ごはん、あら汁、定食のお造り、小鉢のじゃこ、香の物が供される。
これだけでもかなりのボリュームで、特に評判のあら汁は本当にデカいw そして、よくダシが出ていて旨い。

生姜醤油で食べる鯵のお造りは、ムチムチとした食感と何とも言えない甘味。もちろん美味しい。
定食のお造りは生タコ、イカ、ハマチで、特にタコがモチモチしていて甘くて、本当に美味しかった。
今までタコは好んでは食べなかったんやが、この味ならばどんどん食べたい。

これらが美味しくて、既に一膳目のごはんが空にw
なので、メインの焼きアジが出てきた(写真2枚目)ところで、おかわりを頂いた。

焼いたアジは、ホロホロとほどけるような身に、口の中で蕩けるような食感、
そして、あまりに豊潤な甘味に、もう顔が綻ぶ程。

魚好きな身には、本当に感動的な旨さでした。

隣の席の方が、岩ガキをアテに昼酒を楽しんでいるのも羨ましかったw
今度はそれ目当てに来たいw


そのお店を辞したのち、山手にある、

「滴翠美術館」(写真3枚目)

を覗きにいく。

小さな私設美術館ながら、春季展が開催されている館内には、私の好きな感じの展示品がズラリ。

偕楽園焼 色絵草花地文 花入、薩摩焼 べっ甲手茶碗、三楽園焼 十錦手銚子、
青木木米作 菊夕顔茶碗、横山大観筆 曙桜の図軸…、

これらの作品にはビンビン来たw

平日ゆえか他にお客さんがいなかったので、
元々はお屋敷の一室だった展示室の、やたらレトロな椅子に深く座り込み、
美術品を眺めながら、窓から吹き込む芦屋山手の風に涼む…と言う、
何とも贅沢な瞬間も過ごしましたw


カフェその1…「カフェ ブラディーポ」@芦屋川

駅前の、「ナマケモノ」の名を冠したこちらのカフェへ。
コンクリート造りのお洒落な店内は、中2階が雑貨スペースになっていて、
南部鉄器やらが並んでいるのがちょっとツボだったw

入口に近い席に着き、

「チーズタルト」と「ナマケモノブレンド(深煎り)」(写真4枚目)

を注文。

タルトは、チーズの酸味と濃厚さがしっかり効いた、むっちりした味わいで、ちょっと珍しいテイストだった。
しかしそれがまた美味しい。

コーヒーは深煎りにした分もあって、苦味しっかり、コクもしっかりのこれまた美味しいものだった。

これらを頂きつつゆったりと過ごし、まさに「ナマケモノ」な気分に浸れました。


カフェその2…「1/f U:rali」@芦屋川

先程のカフェと同じ並びにある、紅茶に特化したこちらハシゴ。
前のお店のスタイリッシュなインテリアに対して、
ウッディな温もりと可愛らしさを押し出した店内は、手前が雑貨スペースで奥がカフェ。

注文は、スコーン2個と好きな紅茶(ポット)がセットになった、

「クリームティーセット」(写真5枚目)

にしました。
紅茶はキーマン紅茶を選択。

スコーンは甘味はほとんどないけれど、ほろりと温かくて美味しい。
そして、正当なスタイルとしてクロテッドクリームがついてきたのが嬉しい

しかしそれよりも、キャラメルシロップが何とも美味しい!
これをたーっぷりつけて口に含むと、もう何とも至福だった。
ジャムも美味しい。

キーマン紅茶は…私には味の良し悪しはわからないがw、スコーンと頂くには美味しいものでした。
ポットで頂けるのが嬉しいね。

これだけのセットで720円と言うのも破格! ごちそうさまでした。


この後、芦屋川の上流では蛍が見られると聞いていたので行ってみたが、
私の場合日頃の行いゆえか、全く見つけられなかったので、大人しく帰りましたww

蛍には会えもしませんでしたが、
蚊には盛大なスキンシップを頂きました♪



…ファッキン!!
20130614_140516.jpgDSC_0932.JPGDSC_0938.JPGDSC_0942.JPGDSC_0947.JPG
posted by まゆみ at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
半分お造りで、残りを焼きor煮る…いいねぇ〜
うちの近所にも、そんな店が欲しい!

なんか30こえてから、急に魚メニューが愛おしくなるよね(^^;;

(´-`).。oO(ナマケモノブレンドが気になる)
Posted by サリー at 2013年06月27日 00:12
蛍の時期たぶん終わってますよ(笑)
だいたい毎年6月初旬くらいに出るはず…
うちの近くは中旬にはもうほとんどいませんでした。
蛍見るには、時間も期間もシビアなのでチェック必須です〜
Posted by ゆなっこ* at 2013年06月28日 02:03
・サリーさん

返信が遅くなってごめんなさい。

魚の美味しさのみならず、そうしたきめ細かいサービスも人気の理由なのだと思います♪

決して近くはないのですが、ちょくちょくは行きたいし、
もし近くにあったら通っていましたねw

元々魚好きではあったのですが、おっしゃる通り、30を超えると余計に…w

ナマケモノブレンドは、その名に相応しいような?、どっしりとした味わいでしたー。


Posted by まゆみ at 2013年07月02日 05:35
・ゆなっこさん

返信が遅くなってごめんなさい。

あれま…では、時期が悪かったのかしら…残念。

教えて頂きありがとうございます♪
来年は初旬を狙います!
Posted by まゆみ at 2013年07月02日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。