2013年07月12日

タマネギトトリ

きらめいた京都dayから一夜明けて、翌日の6月22日に待ち受けていたのは、
「onion night!」の、5周年記念パーティー。

今回は会場がBIG CAT、それも売り切れたと言うことで、
昨年に梅田シャングリラでの1週間連続企画を敢行した際にも思ったのだが、
つくづく「玉ねぎ」も大きく育ったもんだ。

実際、更なる成長を想像させるような「重大発表」もあった今回のこのイベント、もちろん「美味しい」ものでありました。

そんな美味しさの話を、音と実際の食とを取り混ぜて、綴る。


昼ラーメン…「大阪 拳」@日本橋

ご存じ京都の有名店、「拳」の3号店が大阪にオープンしたとのことで、早々に訪問。

何かと盛り沢山なメニューの中から、基本のラーメンであろう、

「ナックル醤油そば」(写真1枚目)

を、注文。

こちらの大阪店は、鶏に特化したスープやメニューらしいが、
なるほど、醤油の香るスープの中には、ふんだんに鶏の風味が。なかなかに旨い。
具にみじん切りの玉ねぎが入っていて、これがまたスープに合う。

テイガク製の麺の旨さは言うに及ばずで、
トッピングがこれまた豪華。
豚チャーシューに炙った鶏チャーシュー、煮玉子…と、
もちろんこれらも旨かったのだが、
残念だったのは、豚チャーシューに骨片がくっついていたこと。
これを噛んでしまった際のテンションの下がり具合たるや…。

それ以外は概ね旨い一杯でした、が、私としてはやはり本店の方がいいな、と。
「石焼き鶏カレー混ぜ麺」なるものが、非常に芳しい香りを放っていたので、そちらは食べてみたいと思ったけどね。


カフェその1…「伽奈泥庵」@谷町九丁目

アジアンカフェとしては老舗も老舗なこちらに、
これまた老舗仕様なチャイを求めて初訪問。
外観こそ割と可愛いものの、いざ地下に降りる階段にさしかかると、これがだんだんと怪しいムードにw

そして扉を開けると、広くて開放的ではあるものの、
いい意味でゴチャゴチャして派手派手しい、まさにアジアの一画のような店内がお目見え。うん、素敵だw

長テーブルと、原色を織り込んだ布を敷いた長ベンチの席を、先客がいなかった為に一匹占めしw、

「アイスココナッツチャイ」と「黒ごまプリン」(写真2枚目)

を、頼んだ。

錫のコップに入ったよく冷えたチャイは、初めからかなり甘味がついているが、それがまた美味しい。
ココナッツの風味が、何とも異国気分をそそるw
黒ごまプリンがあまり甘くなかった分(しかし、黒ごま風味豊かで美味しかった)、この甘いチャイはいい組み合わせだった。

この、好きなチャイとスイーツで600円、と言うのはかなりお値打ちだったな。
存分にアジアンな心地にも浸れたし…と、蛇足ながら付け足しておくと、
お手洗いもほんの少しだけ、アジアン仕様かもしれないw
それもまた気分を盛り上げる材料と言うことで…これ以上は書くまいw


カフェその2…「カフェ ネスト」@谷町六丁目

以前に訪れたのが、【THE BACK HORN】のNHKホールででのライブの時だったので、実に3年ぶり。

店内のレイアウトは多少変わっていたが、
緩やかな雰囲気や、オーナーご夫妻の温かみは変わっていなかった。

以前は同じライブに行く友人と来たのだが、今回は一匹だったのでカウンターに座り、

「抹茶のガトーショコラ」と「ワイーブレンド(中深煎り)」(写真3枚目)

を、お願いした。

前日に引き続き抹茶系のケーキにしてしまったがw、
少し温められたこれがまた、風味豊かでそれでいてくどくなくて、とても美味しい。
これまた前日に引き続き満足のいくケーキ。

コーヒーも、少し酸味はありつつ、それがむしろいい風味を醸し出している、絶妙なブレンド! これも美味しいー!

この日は休日だったので、店内は若干賑やかだったけれど、
それでもゆっくりは出来たし、それでいてこのお味…。
3年のご無沙汰がとみに悔しくなりましたw
これからはちょくちょく伺いたいと思います。


そして、この日のライブ会場たるBIG CATに赴く。
ソールドと言うことで満員のフロアにおののくw

ライブアクトもそうそうたる6バンド。

ずっと観たかった【みそっかす】は、メンバーの着流し姿と和風サウンドが素敵で、そしてライブも楽しかった! また観たい!

【QUATTRO】の緩やかなサウンドには癒され、【ピアノゾンビ】の、いい意味で突拍子のないステージングには爆笑w
もちろん、何処か昭和的な曲も良かった。

久々に観た【ASPARAGUS】は、年齢層が若干違ったゆえか、盛り上がり方は緩かったが、
それでもラスト2曲の、『SILLY THING』→『Fallen Down』の流れではかなり熱くなっていた!
特にフォーリン〜は、この日唯一のダイバー頻出アクトとなって、私の気分も更にガチ上がったなぁ。
しのっぴによる、「オニオン」と「アスパラ」の、野菜関連MCには笑ったw

このイベントの常連ゲストである【MONICA URANGLASS】の、デジタルダンスロックはさすがの盛り上がりを見せ、
同じく常連、そして今回のトリである【キュウソネコカミ】は、ただただ楽しかった!
フロアの観客を2つに分けての、
「DQNなりたい」「40代で死にたい」
の掛け合いの盛り上がりたるや…w

どのバンドも熱いアクトだった。
そんなバンドに祝ってもらえるこのイベントに、改めて敬服。

そして、やはりこのイベントはDJイベント、その選曲ももちろん良かった。
特に、アスパラのライブが終了した瞬間に、【locofrank】の『survive』が流れたには痺れた!
ガチモッシュも起こって素晴らしかったw

オーガナイザー、SHIGE氏による、
【BOOM BOOM SATELLITES】の『KICK IT OUT』→【Sawagi】の『ibiza』→【KEYTALK】の『blue moon light』
の畳み掛けは、本当に私のツボだった! 素晴らしい選曲に繋ぎだわ。

そんなこんなで、身体と心の踊り弾むような空間を演出してくれた、DJ陣の功績がついに買われたのか、

今年のRUSH BALLのATMCトリとして出演決定(写真4枚目)

との、あまりにめでたいニュースが!!

いやはや、これには驚きました。でも、本当におめでたい!!
一応、まだこのイベントが始まったばかりの頃から、
飛び飛びであるとは言え参加してきた身としては、ただただ感無量。

これは…RUSH BALLも観に行かねばならん、と言うことやろうね。
彼らの華々しい姿、目に焼き付けたいものです。

この日は、あまりに美味しいイベントをありがとう!
そして、改めておめでとう!!


夜ラーメン…「Antaga大正」@大正

諸事情あって、帰りは大正にまで足を伸ばし、以前某店大将の話題に上っていたこちらへ。

大正通の路地裏にある小さなお店にいざ入店。
こちらのラーメンは、鶏白湯、鶏清湯、その中間の三本仕立てで…って、
考えてみれば、2日4食連続で鶏系のラーメンを食べてしまったw

ともあれ、中間の味たる、

「和風鶏麺」(写真5枚目)

を、注文。

中間と言う割には、鰹主体の魚介ダシがかなり主張してくる感じだが、
それでもしっかり鶏の旨味、とろみも感じられてかなり旨い!

麺は、少し沖縄そばを思わせるような食感で、このスープにはよく合っていた。
チャーシューはしっかり目の口当たりだった…かな?(おぼろげ) 旨かったのは覚えてる。

中間を頂いた感じ、それよりも濃い「濃厚鶏麺」も、
最近コッテリがキツい私でも恐らく食べられる程度だと思われるので、
今度はそれを頂きたいと思います。



と、やたら鶏まみれだった休日2daysはこうして終りを迎えた訳ですが、
件の大正駅にて、あまり程度は高くない、が、まだ多少好みな感じのナンパにあったものの、
ついて行かなかった私の、チキンなハートこそが、
何より鶏づいていた、と言う結論になりましたww ええwww
DSC_0983.JPGDSC_0989.JPGDSC_0991.JPGDSC_0997.JPGDSC_1000.JPG
posted by まゆみ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369015815

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。