2013年01月24日

○ ←月と玉子と丸印

寝坊、無事に回避。


…いやはや、前週の神戸に赴く日の寝坊っぷりは、我ながら驚いたw
その轍を踏まぬよう、その翌週の休日は、きちんと時間通りに起床しました。
そんなこの日に向かうのは、京都。
目的は、

【Jizue】etc.. @京都MUSE

のライブ!
何せ今年初の彼らのライブ、行ける日行ける場所と来れば、行かない訳にはいくまい!

と言う訳で一路、京都へ。
…ちなみにこの日は、一段と寒かった日。
況してや、冷え込みの厳しい京滋…ブルっちまったぜ、文字通り。


昼ラーメン…「麺屋○竹」@丸太町

京都御所近く、お肉屋さんの奥にあるこちらのラーメン屋を初訪問。
ランチもやっているお肉屋さんの中を通り抜けてラーメン屋に向かうのだが、
横目で見やったステーキ定食が何とも旨そうで、誘惑されかけたw

ともあれ、それには負けずに、

「中華そば」(写真1枚目)

の食券を無事に購入。

割と手早く供されたラーメンは、肉屋併設のイメージとは裏腹に、魚介のしっかり効いたもの。
じんわりとした味わいはなかなか。
ただ、私にとっては粗びき胡椒が少し入り過ぎだったかな。

中太ストレート麺は、シコシコ食感がこれまたなかなか。
炙りチャーシューは、こちらはさすがお肉屋さんと言うべきか、ジューシーで旨かった。
メンマやもやしを纏めて啜った際に、口の中で様々な触覚が広がるのは小気味良かったな。
あおさのりをスープに溶かすと、風味が増していたのもまた良し。

最近の私の嗜好に合う、落ち着いた味わいの一品でございました。


カフェその1…「喫茶マドラグ」@烏丸御池

惜しくも閉店してしまった老舗の喫茶店「セブン」の店舗を受け継ぎ、
半ばそのまま、半ば改装をしたお店がこちらのマドラグ。

外観、内装共にレトロ喫茶店の雰囲気ながら、
天井を高くとっている為か、何処か明るいイメージもあり。
これまた喫茶店風情の様々な椅子(木屋町にあった名曲喫茶より受け継いだものも)が並ぶのも、何となく楽しい。

ほとんどの席の横に本が並んでいるのだが、奥は本が特に沢山あったので、そちらに座る。
そして、これまた京都の洋食屋、「コロナ」から受け継いだと言う、

「コロナの玉子サンド」と「ブレンドコーヒー」(写真2枚目)

を頼む。

…噂には聞いていたが、供されたのを見て、その厚みにはビックリ。
ラーメン後にこれは大丈夫かな…と一瞬不安になるも、
見た目通りにふわふわな玉子が美味しくて、気がつけばペロリ。
幼少の頃、親に連れていってもらった喫茶店にて、玉子サンドを好んで食べていたことをも思い出し、
何処か懐かしい気分にもなった。

コーヒーは私の好みより酸味のあるタイプだったが、
ミルクと砂糖を入れると、サンドイッチにはピッタリの味わいになったので、まぁ満足。

昼下がり、それらと沢山の本でゆったり…はしていたんやが、
平日の割にはお客さんがひっきりなしに来ていたので、
それに気を取られてしまったのだけは心残り。
またゆっくり伺えるといいなぁ。
今度はナポリタンが食べてみたい。


カフェその2…「月と六ペンス」@丸太町

数ある「ブックカフェ」の中でも、その雰囲気が本当に好みなこちらへ、久々の再訪。

程よい照明と暖かさに包まれた店内は、相変わらずの静謐で緩やかな空気が漂い、思わず一息もつく。

席は壁に面したカウンターのみ、その中の女流作家の本を集めた一画に落ち着き、

「NYチーズケーキとブレンドコーヒーのセット」(写真3枚目)

をお願いした。

チーズケーキは驚くくらい柔らかな感触のもので、
しかし口に入れると濃厚、そしてフワッと溶けていくような食感が、堪らなく美味しい!
ガツンと苦味の効いたコーヒーとの相性も抜群で、そしてこのコーヒーは単体でも十二分に美味しい。

雰囲気のみならず、素晴らしいその味をも堪能しながら、2時間くらい読書に耽る。
何とも幸せな時間。そしてますますこちらのお店が好きになった。


そんな読書の時間を経て、いざ京都MUSEへ。
この極寒の中、Tシャツ1枚で開場待ちしていた方には、敬服。

オープニングアクトの【チャラン★ポ★ランタン】は、
可愛い女の子2人組ながら、
昭和歌謡的な曲をコブシを効かせて歌っていたのが何だか素敵だった。
ボーカルの女の子が、終始小脇にブタのぬいぐるみを抱えていたのが可愛かった。ブタ好き歓喜w

【tricot】の音でやや暴れ、本命の【jizue】では例の曲で踊りまくったw
楽しかったが時間が短かったのだけが残念。

【チプルソ-傷だらけのB-BOY-】は、その名の通りラッパーだったが、
切々とした叫びをよく通る声で響かせていて、ちょっと胸に来てしまった程。
(私自身が何をした訳でもないが)疲れている心には染みた。

トリの【ROTTENGRAFFITY】は、さすがの盛り上がり!
『切り札』から始まって『金色グラフティー』で終わるまでの間、モッシュダイブがひっきりなしでした。
アンコールで『リンダリンダ』のカバーが聴けたのも嬉しかったな。

もちろん私も暴れ倒したので、外に出た際にあまり寒さを感じなかったw パネぇww


夜ラーメン…「長浜らーめん みよし」@木屋町

京都バンドだらけの空気に当てられて、京都的なラーメンが食べたいと久々にこちらへ。
まぁ京都的…と言っても中身は「長浜」ラーメンなのですがw、京都では有名なのでねw

そんな有名な割には、以前も食べて首を捻った、

「ラーメン」(写真4枚目)

には、やはり今回も首を捻るハメになったw

ややライトなトンコツスープはまぁまぁの味なんやが、
麺がとにかくカンスイ臭さが鼻について…。
白湯スープは確かにカンスイ臭が目立ちやすいんやが、特に。

チャーシューは印象に残りませんでしたが、
ピリ辛な味付けのメンマはまぁまぁだったかな。

飲んだ後、吹きっさらしと言う条件が揃っていたにも関わらず、やはり私にはピンと来ないラーメンですなぁ。
同じ木屋町ならやはり大豊ラーメン推しかな。



…と、そんなイケてないラーメンのリベンジと言う訳ではありませんが、翌日に、


「らーめん専門和海」@武庫川

に赴き、限定メニューの、

「白味噌ラーメン」(写真5枚目)

で口直し。

限定とは言えど、もう数回は頂いているこちらの一品ですが、
白味噌のほのかな甘味と優しい口当たり、ジワッと染みるようなダシ、本当にいつ食べても旨いです。

今回は具にカイワレが乗っていて、干し白菜の甘味に対して苦味が加わっていたのがちょっと印象的だった。

この日は、この白味噌ラーメンの他に突発限定も販売していたのでちょっと迷ったけれど、
やはり選択に間違いはない旨さでしたね。


以上、纏めると(?)玉子サンド熱が復活した週末でございましたw
DSC_0258.JPG20130118_134956.jpgDSC_0263.JPGDSC_0265.JPGDSC_0267.JPG
posted by まゆみ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

夕映えの街、今

東京遠征から帰還し、そこからその週の仕事をして、迎えた11日金曜日の休日。
この日は、

【KEYTALK】@神戸

のライブがあり、更には神戸に赴くのも久々なので、
10時には起きて早めに出発しよう、と思っていた、





起きて、ふと時計を見たら、

14:30

…もう、ね、驚き過ぎて鼻の穴から眼球が飛び出るかと思たわよww

そこから急いで準備して家を出たものの、
当然、時間的に計画していたいくつかのことは頓挫。

まぁライブには間に合う範囲なのはまだマシだったかな。
では、そんな中、もはや「夕映え」の景色となっていた神戸にて行ったお店等。
もう1軒カフェに行きたかった…。


昼ラーメン…「天孫降臨」@元町

2度程スープ切れ閉店でフラれたこちらのお店、
いつの間にやら、正規の閉店時間が早まった分、通し営業になっていた為、
ある意味、チャンスだと思い今回初訪問。

見事な鰻の寝床な店内は、さすがに夕方には先客の姿はナシ。
そんな中、注文は、

「天降ラーメン しお」(写真1枚目)

にしました。

トロミがあり、フワッと魚が香る白濁スープは、
「魚介白湯」と言う言葉で十分に伝わる範疇の味だがw、
じんわりと染み入るような味わいはなかなか。

麺はクッキリした歯応えのやや縮れ麺で、これは少し独特で旨かった。
チャーシューは結構薄切りであまり印象には残らなかったが、
メンマはかなりの太さと歯応えで、割と旨い。

うん、三宮元町界隈ではまだレベルの高いほうかな。
ライブ後の時間に開いていないのはネック(お気に入りの「我流本舗」然り…)


カフェ…「カフェ ケシパール」@三宮

これまた、以前の神戸訪問では臨時休業でフラれた、チーズケーキが名物のこちらのカフェへ。

味のある看板、更に入り口の素敵なディスプレイを横目に入店すると、
外が既に暗くなっていた分、シンプルながら何ともムーディーな店内がお目見え。割と広さもある。

その中の、やたらと四角いw2人掛けソファー席が空いていたので、そちらに座り、

「KESHIケーキ(ビターチョコとエスプレッソのチーズケーキ)」と「ブレンドコーヒー(Bold)」(写真2枚目)

をお願いした。

可愛いお皿で供されたケーキは、そんなお皿の絵柄を活かす為か、若干…いや、だいぶ小ぶりではありますがw、
むっちりと中身は詰まっているので、まぁまぁ食べ応えはある。
かなりチョコの風味が効いているので、ともすればチョコケーキにも思えるけれど、
滑らかな口当たりは確かにチーズケーキのそれ。
「コーヒーとの相性を考えて作られた〜」とメニューに記されていた通り、
これまた可愛いカップで供された、フレンチプレスの苦味あるコーヒーとの相性は抜群だった。

夕映えから、夜の帳が降り始めた店内にて、それらを頂きつつ、ライブ前のゆったりしたひととき。


そんなライブを堪能するべく、会場の「神戸 太陽と虎」へ。私の「関西」ライブ初め。
そう言えば、昨年もライブ初めは【KEYTALK】だったな…w

そんな【KEYTALK】、この日は2マン仕様だけあって、かなり攻めなセトリだった。
久々に『a picture book』が聴けたのも嬉しかったし、
『sympathy』では、軽くと言えども早速モッシュ初めもなし得てしまったw

終盤の、『blue moon light』→『アワーワールド』→『トラベリング』→『夕映えの街、今』の畳み掛けもさすがで、
想像以上に汗だくになり、その後に飲んだスクリュードライバー(彼らのライブ時は必ずこれw)が、めっぽう旨かった!

いつの間にかチケットが売り切れていた為、2月の大阪ライブには行けないけれど(涙目)、
その分もこの日は堪能出来たと思うので、まぁいいか…いい…(滂沱)。


夜ごはん…「やよい軒」@元町

ラーメンも食べたくはあったが、三宮元町界隈にはあまりいい店が(開いて)ないのと、
行きに通りかかった際に、

「チキン南蛮エビフライ定食 200円引き」(写真3枚目)

のPOPが目に入って、俄然その気分になったので、こちらへ。

690円にて頂いたその定食にて、久々にガッツリと揚げ物を堪能。
タルタルたっぷりなチキン南蛮旨っ!
意外と(失礼w)しっかり詰まっているエビフライ旨っ!
こう言うお店のお味噌汁旨っ!

もちろんごはんはお代わりをお願いしたんやが、
多目で、と頼んだら本当にてんこ盛り持ってこられてワロタww

(自分で頼んだものを)残すなんて恥ずかしい真似は出来ないので、完食はしましたがね。
また、やよい軒は取り放題の漬け物が旨いので、ごはんも進むのだ!

…とは言え、食べ終えたらばやはりお腹が苦しいw
温かいほうじ茶をもらって一息つきながら、
昔はこれぐらいペロリだったのになぁ…やっぱり老けたなぁ…と、少しの溜め息もw


と、こうした神戸dayをこの日は過ごしました。
やよい軒とか神戸に限らず何処にでもあるけどもww


さて、そんな翌日。
こちらのお店に、新年の挨拶がまだだったので、それがてら伺うことに。


ラーメン…「らーめん専門 和海」@武庫川

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

…土曜とは言え、20人以上並んでいたことに恐れおののくも、無事に、

「醤油」(写真4枚目)

にありつけて、今年も相変わらず旨いなとしみじみ。
この日は、特に醤油のキレが鋭かったように思う。
また、鶏チャーシューのしっとり感が一際良かった。

そうそう、塩と醤油は今年から50円値上がりの700円になっています。
まぁ今までが味に対して安過ぎたくらいなので、むしろ妥当。
今年も美味しく頂きたいと思います。


カフェ…「gris gris cafe」@鳴尾

某ショッピングモール近くのこちらのカフェ、
以前訪れた時よりも、スイーツメニューが好みなラインナップになっていたので、再訪してみた。

そんなスイーツの中から、

「バナナとくるみのパウンドケーキ」を選び、「ホットコーヒー」(写真5枚目)

と共に注文。

ほのかなバナナの風味とくるみの歯応えが気持ちいいパウンドケーキは、
250円と言うお値段よりも十分に美味しいもの。
2切れあるのでボリュームもあるしね。

コーヒーは以前と同じく、後口は薄いんやがw、
苦味メインな味わいは嬉しいところ。

伺ったのが閉店1時間前くらいだったので、その時間までまったりしてしまった。
このスイーツラインナップならば、「和海」とセット使いで度々訪れるのもありかな。


…その後、そのショッピングモールに足を踏み入れたらば、
超絶金欠な癖にバーゲンの罠にハマる、と言うオチを経て、
私の休日2daysは暮れていきましたww
給料日はまだかー!!(切実)
DSC_0238.JPGDSC_0242.JPGDSC_0249.JPGDSC_0251.JPG20130112_175934.jpg
posted by まゆみ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

肉の海では泳がずに玉ねぎのもとに至る我

2013年度の、私にとってのライブ初めは、

【THE BACK HORN】@日本武道館

でして、
まごうことなき大本命バンドにて年の初めを迎えられることに、
何とも幸先の良さを感じていたりします。

何分、東京と言うのが遠征がキツい分、身にも懐にも堪えたけれど、
それでも、もちろんライブ含め、楽しい東京ホリディを過ごせたことは、
やはり幸先の良さに他ならないと思います。

そんな遠征模様を綴ってみます。お付き合いの程を。



まずは、土曜日の夜に高速バスにて大阪を出発。
その前の晩ごはんは、JR桜橋口近くの、

「あらうま堂」

にて、

「たまゆラーメン」と「ミニチキンライス」(写真1枚目)

で済ませた。

味は熟知しているこちら系統のラーメン、
その豚骨テイストはもちろん旨かったが、久々に食べたせいか、若干後味が弱く感じた。
何故かセットメニューにオムライスがあるのでw、その流れでチキンライスをセットに。
こちらは割と旨かったです。

もちろん、無料のメンマとキムチと麦茶もたっぷりと腹に納めていざバスへ!

お!揺れの少ない1階建てバス、更にはコンセントまで付いていてラッキー!
幸先良し幸先良し♪

もちろん無事に東京到着。


さて、バスの中で寝る為もあって、家からここまで完璧なすっぴんでいた私でしたw

朝8時に開くと言う、高円寺の朝銭湯(日曜日のみ)で化粧をする予定だったので、
早朝の内は、引き続きすっぴんで東京ウロウロw
言うまでもありませんが私は30歳ですww

そんなすっぴんでまず訪れたのは、明治神宮。
初詣がまだだったので、どうせならばこちらにお詣りしようと、新宿から歩いて向かう。

初詣の人出が全国1位だと言うこちらも、やはり三が日より後、更に早朝とあってはそれ程混んでもおらず、清らかな気持ちでお詣り出来た。
…すっぴんはおろか、歯すら磨いていなかった自分の身は穢れまくりでしたがねww

その後、明治神宮の最寄駅は原宿なので、ちょっと足を伸ばして、思い出の、

「デザインフェスタギャラリー」(写真2枚目)

を覗いてきたのですが、
私達が「生命爆音展」を開催した時(2008年4月)とは打って変わって、
何ともシンプルな外観になっておりましたw
うーむ、ちょっと寂しい。

新宿〜明治神宮〜原宿、そして高円寺へ。
こちらの銭湯「なみのゆ」が、日曜のみ朝風呂をしているとのことでお邪魔。

若干迷子になりつつ、下町風情溢れる、やや小さめな銭湯に到着。
番台や脱衣所の雰囲気に、遠い地ながらに郷愁を感じた。

お風呂場も小さめだったけれど、温まるには十分。
やや高めの43℃のお湯が、むしろ心地よい。
たっぷり浸かってぽっかぽか。はー幸せ。

ここでやっと無事に化粧も済ませ、
井戸水で炊いたと言うごはんのおにぎりを朝ごはんに頂いて、ようやく人心地、いや、豚心地?w

そうして、高円寺にてラーメンとカフェに行くことに。

お昼ごはんとして食べたラーメンは、

「太陽」@高円寺

と言う店のもの。

ラーメン屋と言うよりは、地域に根付いた中華料理屋のような雰囲気。こちらの、

「味玉ラーメン」(写真3枚目)

は、580円と言うリーズナブルさながら、
煮干しがガッツリ効いた醤油スープはなかなかなお味。
麺もツルシコで旨かったし、
チャーシューはあまり覚えていないのだけどw、トッピング?と思う程たっぷりメンマが乗っていたのは嬉しかった。
玉子もいい味付けでございました。

ガツンと来るようなラーメンではなかったけれど、
先程の銭湯然り、しみじみと郷愁を感じる味でございました。
ジャンボ餃子セットなるものも気になったんやが、
2009年2月2日のように、東京のライブの思い出をニンニクで染める訳にもいくまい、と思い、断念しましたw

さてカフェは、【Czecho No Republic】のメンバーでもあり、読者モデルでもあるタカハシマイちゃんが、
お気に入りの場所として紹介していた、

「アール座読書館」

へ、お邪魔してみました。

ビルの小さな入口に掲げられた縦書きの看板を確認して、細い階段を上がる。
そこの扉を開けると…、緑とアンティークの家具に囲まれた、えも言われぬ素敵空間。
水槽の水音も心地よい。

やはり有名店、更に休日と言うこともあってか、店内はほぼ満席だったが、
幸運にも1席だけ空いていたので、そちらに座ることが出来た辺り、やはり幸先がいいw
(その後は満席で断られる人続出だったので、本当に運が良かった)

その、古いがゆえに若干座り心地はよろしくないw席にて、

「ブラジルブルボン」と「クッキー盛り合わせ」(写真4枚目)

をお願いした。

コーヒーのブラジルブルボンはポットで提供され、これがなかなかたっぷりの量。
苦味もしっかり効いていて美味しく、この味にもまた幸せな気分に。
数種のクッキーもコーヒーによく合うものだったが、その中の1つがアルフォートだったのには何かワロタw 確かに美味しいわよねww

それらを頂きつつ、途中、本棚の本を崩して静かな店内(お喋りしている人は皆無)に大音声を響かせる、と言う粗相をしながらもw、
(余談ながら、この時本を拾うのを手伝ってくれはった白いワンピース姿の女性は、本当に素敵な方だった)
読書を楽しんでいると、他の席が空いたとのことで、
穏やかな男性オーナーにそちらを勧めて頂き、もちろん喜び勇んで移動。
先にいる者からいい席へ通してくれると言う、この心遣いはありがたいね。

その席は、古びた勉強机と木のベンチで構成されたおこもり的な感じで、何とも長っ尻仕様。
何とはなしに引き出しを開けてみたらば、鉱石コレクションが展示されていた遊び心に脱帽w

そんな席で更に読書を楽しみ、「3時間くらいはどうぞご利用ください」とメニューに綴られていた通り、
本当にそれぐらい居座らせて頂いた。

これまた、ここは東京とは思えぬ程ののんびり、ゆったりした時間を過ごせた。
雰囲気も素敵で、オススメな理由がよくわかった。
…ただ、読書館と謳っている割には、そのラインナップが「私なんぞの想像のつく範疇」だったのは、
ほんの少しだけ物足りなかったかな。

それでも、いいお店なのには変わりなかったけれどね。来れて良かった。


その後、高円寺から中野の一駅を歩き、高円寺MISSIONなるライブハウスを横目に、
中野から東京メトロに乗車して、いざ武道館のある九段下へ!

武道館の門の手前で身内と合流し、入り口へと向かう。
…何だか感慨深い(写真5枚目)。


『リヴスコール』ツアーの、一旦の締めを迎えるこの武道館ライブ、
今ツアーで使われているSEに合わせて、舞台上のスクリーンに、 リヴスコールの柄が描かれていく演出に、まずグッと来た。

そこから1曲目の『トロイメライ』の、将司の優しい歌声が、広い広い武道館に響き渡ることに、何とも言えず胸を衝かれた。

『墓石フィーバー』が披露された時の、将司の「乳房に触れ」たのや、「そそり立つ」姿をしっかり拝めたのには満足。
『いつものドアに』のラストサビで、転げ回るように膝まづくように、歌い、弾いていた将司と光舟の姿が印象的だった。

全員のMCは、晴れの舞台とは思えぬ程のグダグダっぷりに思わず苦笑もしたがw、
栄純の「ありがとう!」の叫びは、心に染みるものがあった。

MCと言えば、ラストの『世界中に花束を』の前に、将司が、

「何があっても、俺らは絶対ここ(ライブと言う場)にいっから」(要約)

と言った台詞が、何とも胸に残った。

アンコールでは、『ミュージック』にて場が温まった後の、
『ラピスラズリ』→『刃』→『サイレン』の畳み掛けには興奮することしきり!
ここで体力の8割を使ったわw
好きなのにあまり聴けなかったラピスラズリに久々の刃、嬉しかった!

サイレンで終わったので、この後ダブルアンコであの曲やるんじゃね?と目論んだが、今回はそれはナシ。

その代わりに、例のスクリーンに、これまで回ってきたツアーの模様が次々に映し出され、
そして、「1月6日 日本武道館」の文字と共にメンバー4人が映った際には盛大な拍手が。

それに続いて、東北3ヵ所(追加公演)の名前が記されたことに、何だかグッと来た。


かくして、私にとってのライブ初めはこうして御披楽喜。
…恐らく、セトリが想像の範疇だったと言う理由で、
正直、これまでの東京遠征時より興奮度は少し控え目ではあったんやけど、
それでも、集大成的なライブに参加出来たことは良かったと思えた。
今年もよろしくお願いします。

この日お会い出来た皆さん、お疲れ様でした。
色々ありがとうございました。



武道館を後にし、帰りのバスも新宿発だったので、そちらで夜ラーメンと洒落こもうと思ったのだが、
案の定迷子、そして前日からの麺の消化不良(恐らく疲れで消化能力が落ちていた)で、少しお腹が痛かった為、
バス乗り場近くの「フレッシュネスバーガー」にて、軽いごはんにしました。

実は初フレッシュネスだったので、それを果たせたのは怪我の功名だったけれどね。
テリヤキチキン旨っ! ポテト熱っ!!ww
デザートに食べたチョコマフィン旨っ!!(お腹痛かったんちゃうんかいww)

それらを腹に入れ、いざ関西へ帰還!



かように、年の初めの東京ホリディ、楽しゅうございました♪
この楽しさと、色々な幸先の良さのわけまえが、
どうか今年一杯に行き渡りますように。
DSC_0196.JPGDSC_0205.JPGDSC_0216.JPGDSC_0218.JPGDSC_0224.JPG
posted by まゆみ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

>< → <>

ご挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、年末年始は仕事の繁忙期にあくせくしたり、
それを済ませて大晦日に「KINDAMA」に参加したり、
年が明けてからは3が日は仕事したのち、デート(?!)したり、
何より、【THE BACK HORN 】の武道館公演に馳せ参じたりと、
何かと目まぐるしい日々を送っておりました。

武道館ライブの話は、東京遠征話と絡めて綴るつもりなので、
それ以前の締め/明け話をこちらにて。


ラーメン締め…「谷町きんせい JUNK STORY」@谷町九丁目

この年の「KINDAMA」は梅田クアトロでの開催だったので、
若干不便はあったが、やはり信頼出来る店にて締めを迎えたいので、こちらへ。

到着したらば何と20人以上の待ちで、年越し限定メニューは敢えなく売り切れ…。

しかしこちらは何を食べても美味しいので、レギュラーメニューの、

「塩つけ麺」(写真1枚目)

にて、締めました。

ダシと柚子の香るつけダレ、しなやかにしてコシのある麺、
プリプリとした弾力と旨味のある地鶏、もはや甘味さえ感じるレアチャーシュー…、
やはり全てが抜群に旨く、満足いくラーメン締めになりました。

何より、大将含め、店員各位にきちんとご挨拶出来たのが良かった。
旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。


コーヒー締め…「星乃珈琲店」@梅田

実はこの日が初訪問だった梅田クラブクアトロ、
その目印である地下の泉の広場にあるこちらに、
恐らくチェーン系ながら、聞き慣れない店名に興味を惹かれて入店してみた。

大晦日だからか満杯の店内は、
チェーン店の割には、レトロで何処かキュートな雰囲気が味がある。電灯が可愛い。

注文は、

「窯焼きスフレ」と「炭火焙煎コーヒー」(写真2枚目)

にしました。

まずスフレが提供されたんやが、混んでいて忙しいせいか、コーヒーがなかなか出てこない…。
やっとコーヒーが来た際には、スフレはしぼんでしまっていたw

とは言え、熱々で滑らかなスフレは、蕩けるような甘さで美味しかったし、
そしてコーヒーが、炭火焙煎にした為か、何とも心地よい苦味で美味しい。
このコーヒーで締められたのは良かったな〜。

今度は、平日の混んでいない時に来たいものです。
その際は、名物っぽい「スフレパンケーキ」も食べたい。


そして、梅田クアトロに移動し、「KINDAMA」を楽しむ。

1アクト目の【キュウソネコカミ】がやたら楽しく、初っぱなからテンション上がった。
2013年度に出来る限り観たいアーティストになったな。

【KING BROTHERS】は観客を柵に登らせると言う煽りが凄まじかったw
【PAN】はセトリが熱くてこれまた興奮。
ラスト曲の『オアシス』にて、ダイブしてきた川さんが胴上げされていたのには、何だか感動すら覚えた。

若干グダグダはしつつもw、笑いの中でカウントダウンをこなした【四星球】の後の、
【DOBERMAN】の、特にアンコール曲が大層楽しかった!
トリアクト、と言うこともあって、もう踊り倒してしまったよ。

いやはや、4回目の参加でしたが、今回も楽しかった!
しかし、クアトロだと手狭な感じがしたので、会場はやっぱりハッチがいいなぁ…。
「大阪プロレス」(これもまた楽しかった、会場は大入満員!)との兼ね合い上、クアトロのほうが都合いいのかな、うーむ。

お会いしたピースさん、ぞいるさん、りらいとさん、たつのん氏、アイコさん、べちこさん、この日はありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。



そんなこんなで年は明け、世間様に逆らって4日の金曜日からが休みだった私は、
この日、ごはんのお誘いを頂いていたこともあって、
そのついでに、「初め」もしてくることに。


ラーメン初め…「ラーメン人生JET」@福島

実は割と久々の訪問。ご無沙汰&明けましておめでとうございます。

昔はこちらの鶏煮込みが大好きだったが、最近は重く感じてしまうので、注文は、

「煮干し塩」の「ライスセット」(写真3枚目)

に。

うむ、やっぱりあっさり系は旨いわ。
深みのあるスープは口の中でしみじみ旨さを感じるし、
シコシコとした平ため自家製麺もやはり旨い。
蕩けるチャーシューもやっぱり逸品。

麺を食べ終えた後のスープに、お行儀悪くもごはんを投入するのがまた一際旨い。

長らくのご無沙汰だけが悔やまれる、いいラーメン初めとなりました。


コーヒー初め…「喫茶Stove 」@福島

福島界隈と言えば、やはりこちらのお店に行きたくなるもの。
季節柄、店名に相応しいアラジンストーブがシュンシュンと炊かれていて、
お店の温かみが一層増していた。

お願いしたのはやはり、

「豆岳ブレンド」と「チーズケーキ」(写真4枚目)

で。

ブレンドの、何処か柔らかい苦味を舌で感じると、そこから至福感が広がっていくよう。
何ともコーヒー初めに相応しい美味しさ。

こちらのお店はアレンジチーズケーキが絶品なんやが、
ベーシックなチーズケーキもまた美味しいもの。
さりげなく隠れたラムレーズンがニクいw

この日はようやく、女性オーナーと会話らしい会話を交わせたので、
2013年を迎えて、晴れて常連ヅラ出来そうですw
ちなみに一応、こちらに通って3年にはなりますww


そんな、素敵なラーメン/コーヒー初めを経て、梅田へと移動。
この日、ごはんに誘ってくれはった、マッキー氏と待ち合わせ。

初めてお会いしたのが4年前、それ以来の再会だったので、若干緊張しつつも無事合流。
お店も予約してくれていた(と言う、至れり尽くせりっぷり)ので、その、

「凛火」@東通り商店街

と言う居酒屋さんへと向かう。

まずはビールで乾杯したのち、
数種のもつ鍋が推しメニューらしかったので、その中から、
「味噌もつ鍋」を選び、更に串盛り合わせやらお刺身盛り合わせやらを頼む(写真5枚目)。

味噌もつ鍋、何とも旨い!
やや濃い目のダシが絡む野菜やもつが絶品やし、
締めのおじやまで大層旨かった!

美味しく頂き、更に何とマッキー氏にご馳走して頂いた。
恐縮しつつも感謝。
加えて、大阪には遠征的な感じで出てきている中の貴重な1日を、
私なぞの為に使って頂けたことに、更に感謝。

その節はお世話になりました。本当にありがとうございました。
年の初めに、美味しく、楽しい時間を過ごせました。
それを弾みに、何ともいい年を過ごせそうです。




そんな「いい年」のライブ初めは、本命バンドたる【THE BACK HORN 】@日本武道館。

…ええ、紛れもなくいい年ですとも。



DSC_0153.JPGDSC_0157.JPGDSC_0190.JPGDSC_0191.JPGDSC_0193.JPG
posted by まゆみ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

Dece○ber

いよいよ2012年も終わりを迎えます。
今年も皆様お世話になりました。

個豚的に、涙で始まったようなこの年でしたが、
紆余曲折ありつつも、何とか穏やかには終われそうで、ひと安心しているところです。

私にとっての今年最大の出来事は、ついに30代に突入したことですねw
ますますの成熟を目指して、頑張りたいと思います。


さて、今年に入ってからはライブレポはサボっていましたが、結局何本行ったのでしょうか…。

1月6日…【KEYTALK】【The Flickers】他@梅田シャングリラ
1月7日…【KEYTALK】【tricot】他@難波ロケッツ
1月21日…【RIDDLE】@福島セカンドライン
1月27日…となりのバンドマン@心斎橋BIG CAT

2月17日…version.21.1@なんばハッチ

3月2日…スペースシャワー列伝@心斎橋BIG CAT
3月9日…【ACIDMAN】@Zepp Osaka
3月20日…SANUKI ROCK CLOSSEUM@高松市ライブハウス各所
3月23日…【amazarashi】@梅田AKASO
3月31日…【THE BACK HORN 】【Nathings Carved In Stone】@なんばハッチ

4月6日…【HAWAIIAN 6】【9mm Parabellum Bullet】@なんばハッチ
4月7日…【jizue】【Nabowa 】@梅田シャングリラ
4月16日…【KEYTALK 】【アルカラ】他@奈良ネバーランド

5月5日…COMIN KOBE@神戸ワールド記念ホール/夙川学院大学
5月11日…【HEY-SMITH】【coldrain】【dustbox】【ROTTENGRAFFITY】@心斎橋BIG CAT
5月12日…SWEET LOVE SHOWER SPRING@大阪城野外音楽堂
5月26日…OTODAMAヤングライオン編@大阪城野外音楽堂

6月2日…RUSH BALL★R@大阪城野外音楽堂
6月16日…【GLAY】@神戸ワールド記念ホール→YANYA FESTA@江坂MUSE
6月29日…POLYONSEN@なんばハッチ

7月7日…【LACCO TOWER 】【chaqq】@福島セカンドライン
7月13日…【NAFT】【POP DISASTER】他@心斎橋新神楽
7月21日…【Northern19】【GOOD 4 NOTHING】@京都磔磔

8月8日…Talking Rock Fes@Zepp Namba
8月24日…onion night!@梅田シャングリラ

9月1日…EAT THE ROCK@滋賀竜王
9月8日…【ちくわしなちくちくわ】【the brown】他@難波ロケッツ
9月14日…【NAFT】他@難波ロケッツ
9月15日…【jizue】【sgt.】他@心斎橋CONPASS
9月21日…MASTER COLISEUM@大阪城野外音楽堂
9月27日…【THE BACK HORN 】@京都磔磔
9月29日…【THE BACK HORN】@金沢エイトホール

10月12日…MINAMI WHEEL→MIDNIGHT EDITION@ミナミライブハウス各所
10月19日…【OverTheDogs】他@福島セカンドライン
10月20日…BOROFESTA@京都KBSホール

11月3日…【ACIDMAN】@大阪薬科大学
11月10日…【UNISON SQUARE GARDEN】@なんばハッチ
11月15日…【THE BACK HORN】@神戸VARIT.
11月16日…【jizue】@心斎橋CONPASS
11月21日…【BRAHMAN】@Zepp Namba
11月24日…【KANA-BOON 】【キュウソネコカミ】他@十三ファンダンゴ

12月8日…【SPECIAL OTHERS】@なんばハッチ
12月14日…【jizue 】【tricot 】【Nabowa】@滋賀U★STONE
12月15日…【BRAHMAN】【Sawagi】他@味園ユニバース
12月31日(予定)…KINDAMA@梅田クラブクアトロ


…絶対何か数え忘れているとは思うけれどw、計46本。
少しライブ熱が冷めてきた割にはそこそこ。

いや、ライブ自体は好きだけれども、
野外フェスとか遠征とか、ちょっと気合いを入れて向かわなならんものに、
食指があまり動かなかったように思う。
実際、夏フェスは滋賀の半ば屋内ライブにしか行ってないし、
バックホーン遠征もしていないから、彼らのライブ参戦回数もわずか6回だわw
(今までなら10は超えてた)

いつの間にやら【TRIBAL CHAIR】が解散してしまっていたこともあり、余計に遠征からは足が遠退いてしまった。

…まぁ、そんなことを言っておきながら、来年度のライブ初めは、

1月6日…【THE BACK HORN】@日本武道館

だったりするんですがねw

恐らく、このライブでの感じ方次第で、自分の中での遠征熱がどうなるか決まる気がする。

後は、「わかりやすい」暴れ系ライブが減ったかな。
相変わらず好きは好きなんやが、
最近はどちらかと言うとインスト系に惹かれている。
30代になって、ちょっとは成獣(大人)になったと言うことかしらw
体力が落ちている…と言う理由も、まぁ否めないww

私の中での、2010年発掘一押しバンドである【KEYTALK】、
2011年発掘一押しバンドである【jizue】と、次点【OverTheDogs】、
これらのライブに4、5回行けたのはまぁ快挙かな。

さて、そんな2012年発掘バンドは、ちょっと今までよりのめり込み具合は小さいが、【KANA-BOON】かな。
再発掘と言う意味では【UNISON SQUARE GARDEN】。
サヌキでのトリに大阪でのワンマン、本当に素晴らしかった。

6回あったバックホーンの中では、金沢が一番良かった。
『無限の荒野』は、
やはり強いw


…と、ざっと2012年ライブを振り返ってみました。

この間には、もちろんラーメンも沢山食べて、
コーヒーも沢山飲んで、
そして、色々な人に沢山お世話になりまして。

それら全てに、ごちそうさまとありがとうをお伝えしたく思います。

来年も、そんな繰り返しの年であれれば幸せです。


それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


posted by まゆみ at 05:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

いつかのメリークリ○マス

私と職場の利害が一致した結果とは言え、


12月24日(祝):仕事休み


って、これ何て罰ゲーム?

この日はもう1日引きこもり決定(そして実際引きこもった)と言うことで、
その前の休み、22日土曜日に、
ちょっとばかし遠出(…と思ったらば、意外と遠くなかった)休日を過ごしてきました。

そんな休日のお話、プラス、あの定番ラーメン店のレポもw


昼ラーメン…「麺匠 四神伝」@古川橋

何やらネット上にて、こちらの「12月限定ラーメン」が度々話題に上っており、
触発された結果、この、私にとっては馴染みのない場所に参上することに。

最寄り駅の古川橋こそ門真市ですが、このお店自の所在地体は守口市と言う、ちょっとややこしい設定w
この日は同市のお店ばかりを巡ったので、さながら守口dayw
あまり乗る機会のない京阪電車にて向かったのだが、
淀屋橋から20分とかからずに古川橋まで着けたのには驚き。意外な程近い!

そこから10分程歩いてこの店へ。これまた意外なことに待ちはナシ。

注文はもちろんその限定メニュー、

「塩コッペ」(写真1枚目)

に、ライスも付けました。

コッペ(セコガニ)を使ったと
言うスープは、供された瞬間にカニの香りがふんわりと。
いざスープを口に含んでみると、その香り程にカニ風味は強くはないものの、
優しいダシの味がじんわりと舌に、心に染み渡る。
具の白菜から溶け出たほのかな甘味もまた美味しい。

麺は平たい縮れ麺で、食感もよく旨い。
チャーシューの代わりは、肉ワンタンが2個に、
カニ味噌、カニ子、カニの身を包んだワンタン。
後者はスープに溶かすとカニカニしさが上がるw
私としては、前者の生姜の風味が効いた肉ワンタンがヒット!

添えられたゆず胡椒を加えたりして味の変化を楽しんだスープに、
最後はごはんを投入しておじや風に。これがもちろん言うまでもなく旨い!

いやはや、足を運んで良かったと思わせる絶品冬色ラーメンでした。
この感じなら他メニューにも期待が持てそうなので、是非また来よう!


カフェ…「杢キリン」@大日

一度訪れた際に、すっかり虜になってしまったこちらのカフェが、
先の四神伝から、十分行ける場所に位置していると知り、
これは、とばかりに再訪問。

今回は土曜日に訪れたので、多少客の出入りは多かったものの、
のんびりとした雰囲気(お店側曰く、月のリズムのような雰囲気)は変わらず。
何となく、以前来た時と同じ席に座ってしまったw

そして注文もこれまた同じ、

「ドゥ」(写真2枚目)

をお願いした。

内容は、イングリッシュマフィンorベーグル、スコーン、
ラタトゥイユ、サラダ、そしてコーヒー(紅茶も選べる)。
前はマフィンを頂いたので、今回はベーグルで、中身はハニーチーズを選択。

何とも素敵な一式で供されたセットを見るだけでも心が湧き立つが、
お店の焼き印がついたベーグルを頬張れば、
カリッとした食感の後にモチッとした感覚と、素朴な小麦粉の旨味、
そしてチーズのまろやかさとハチミツの甘味が溢れて、更に幸せな気分。

スコーンそのものはかなりあっさりながら、ホイップクリームが何とも美味しく、
乗せられたマーマレードの皮のほのかな風味が、さりげなくいい仕事。

ラタトゥイユとサラダを頂くと、野菜って美味しいとしみじみ。
サラダのドレッシングがまた何とも美味しかった。

コーヒーはやや酸味が立っていたが、十分に美味しいもので、
特にベーグルとの組み合わせは至高だったな。

それらを、ラーメンがまだお腹に残っている分、ゆっくりゆっくり頂きながら、合間には本をパラリ。
また、前にも感じたけれど、こちらの窓越しの眺めは何とも私のツボ。
それに思わず見とれたりしながら、更にゆっくり。

ますます好きになれたお店でした。
次来た時こそはケーキを!


夜ラーメン…「麺や しき」@守口

大日イオンをふらふらと散策したのち、徒歩で隣駅の守口へ。
…これだけは意外と遠かったww

お店自体は駅近なので駅に着けばすぐに行けるが(但しちょっと裏道)。
こちらも評判を聞いての訪問。

大将を模したであろうタペストリーのかかるお店の扉を開けると、広くて清潔な店内が。
そこのカウンターに落ち着き、基本らしき、

「しき麺」(写真3枚目)

を頂くことに。
中太か細麺を選べる麺は、オススメの細麺にした。

上品なビジュアルのラーメンは、見た目通り穏やかなスープの味わい。
しかし、鶏と魚介の旨味が溢れ出ており、それが柔らかな醤油の風味と相俟って、何ともふくよかな旨さ。
うん、旨い!

麺はくっきりとコシがあり、これもまた旨い。静かに旨い。
チャーシューは赤身とバラの2種。
いずれも肉の旨味溢れて、もちろん旨い代物だった。


あっさり系纏まり良しなラーメンの中でも、私としてはかなり高いレベルにあると思えたね。つまりは旨かったのです。

大将とも、某ラーメン屋の話題で楽しく話をさせて頂いたのでw、是非ともまた伺います。


…で、おまけの、


某ラーメン屋…「らーめん専門 和海」@武庫川

こちらにも2回訪れまして、

「白味噌ラーメン(2日間限定)」(写真4枚目)
「塩(貝柱オイルプラス)」(写真5枚目)

を頂きました。

昨年の冬にも出していた白味噌ラーメンは、今年もやはり旨かった。
優しい白味噌の味わいに干し白菜の甘味、ほのかな山椒の香り、
それらを纏った少し太めの縮れ麺…あらゆるものを口に運ぶ度にそこが綻ぶよう。

50円プラスで貝柱オイルを入れてもらった塩は…、ぶっちゃけ、デフォルトのほうが好きかもしれないw
それでも、ベースのスープ自体が相変わらず十二分に旨いので満足はしたけれどね。

鶏チャーシューのしっとり具合がこの日は特に素晴らしかったな。

今年1年、美味しい思いをさせてもらいました。
来年もどうぞよろしく。


…さて、この日記を書いている現在は、年末に向けての追い込み繁忙期の真っ最中。

大晦日は休みなので、その日のライブ&ラーメン&コーヒー締めを励みに、乗り切りたいと思います。
DSC_0134.JPG20121222_134034.jpgDSC_0137.JPGDSC_0130.JPGDSC_0144.JPG
posted by まゆみ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

Still l○ve her

滋賀に赴いた翌日は、大阪のミナミにて、いざ、弾けて混ざ…!
…のつもりだったのですが、気がつけばそのチケットは売り切れており、
かつ、それに伴う満員のライブサーキットは好きではない為に、こちらへの参戦は断念。

その代わりに、と言っては何ですが、

【BRAHMAN】【Sawagi】他@味園ユニバース

のライブに行くことに。

ブラフのライブでは、行ったことのないハコに行ける機会が多く、
この日も、何とも味のあるこの会場への初訪問を果たせた。

そして、それ以外に「初訪問」したお店もちらほら…と言う訳で、そんなお話。


昼ラーメン…「谷町きんせい JUNK STORY」@谷町九丁目

こちらはもちろん初訪問ではありませんw
前回頂いた12月偶数日限定が何とも旨かったので、
今回は奇数日限定に期待しての訪問。
無事にその、

「煮干し豚味噌」(写真1枚目)

にありつけてひと安心。

少し濃い色合いのスープを啜ってみると、
見た目程には濃厚ではなく、しかしほのかに香る煮干しのダシと、味噌と背脂の甘味が渾然一体となっていて、
思わず嘆息してしまった程の旨さ!
このスープは旨いっ!!

麺ももちろん旨かった訳だが、
通常のレアチャーシューとは趣の異なる豚ロースがまた、
肉とは思えぬ程の妙なる甘味を放っていて、こちらにも感動。

もはや、震える程の一杯でした。
12月だけの限定にしておくのなんて惜しい!


絶品ラーメンを腹に収めたことで、ホクホクしながらなんばをブラついていたら、
(ハジマザ会場である心斎橋界隈には悔しいから近寄らなかったw)
何と500円で服を売っている店があり、
更には、ずっと欲しかったベージュのキュロットがその値段で買えて、ますますホクホク気分。
もう1着、着回ししやすそうなシャツも買えたし…、もう、ホクホク、ホクホク。


カフェ…「coro」@日本橋

「お一人様専用」をコンセプトにしたこちらのカフェの話題を耳にしたので、この度訪問してみた。

カフェには珍しいような自動ドアを潜ると、
照明を控え目にしたシンプルな店内は、そのコンセプト通り、全てが壁に面した一人掛け席。

お手洗いに最も近い、ある意味自分に相応しい席wに腰掛け、

「デザートセット(クリームヨーグルトのケーキと季節のコーヒー)」(写真2枚目)

を注文。

こちらは、このデザートセットが1000円(下限)と、少し割高ではあるものの、
何とこの後はドリンクのお代わり自由だと言うことで、
(追加料金でリッチ目なドリンクもオーダー可)
そう考えるとコスパは高いように思う。

ケーキもまろやか甘さ控え目で美味しかったし、
季節のコーヒーである炭焼きコーヒーも、苦味がしっかりしていて好みの味。
これらを味わえ、お代わりでカフェレベルの飲み物が頂けるならば、高くはないと思えた。

オーナーお一人でされているようで、混んでいる際は少し待つのと、
割とこのオーナーが話し掛けてきてくれはるので、
お一人様専用店とは言え、本当にコミュニケーション苦手な方には、逆にちょっとキツいかもしれないw

この日店内にいらした、いずれも女性のお客さん達は、
そんなオーナーとにこやかに言葉を交わしつつ、
お勉強したりパソコンを覗いたり、読書をしたりして、自由自在にのんびりと寛いではいはったけどね。
ちなみに、店内の本はやたら【藤子不二雄】に偏っていた気がするのでw、
読みたい本があれば持参したほうがいいかも。

私はそんな『ドラえもん大全集』を読みつつ、お代わりで、

「柚子茶」(写真3枚目)

を追加注文。

その温かさ甘さにほっこりしました。

しばらく更にのんびりして、いざライブ会場へ。


この日のハコたる「味園ユニバース」は、元キャバレーだと言うことで、内装は何ともレトロなハデハデしさw(写真4枚目)
この中でブラフ…と思いきや、これが意外とマッチしていたようにも思う。

久々、下手すれば3年ぶりくらいに観た【Sawagi】は、
いつの間にやらバイザースタイルじゃなくなっていたけれどw、
その踊れっぷりは変わらずだし、独特な照明にもアゲられて、初っぱなからはしゃぎまくってしまった。
締めは相変わらずの『Super city』だったのでついニンマリw

【KING BROTHERS】は、ケイゾーのアンプに乗る頻度が増えているように思えた。
ので、彼のお尻をしかと堪能しましたww
そんな中、もちろんマーヤは客席に飛び込んでいらっしゃいましたwww

【BRAHMAN】はマコト側2列目で観賞。
ステージもよく見え、半身では自在にモッシュもでき、
何より、『時の鐘』『PLACEBO』が聴けたこともあって、
個豚的にはZeppワンマンより満足した。

トシロウ、ハコに来る途中に、大阪のおばちゃんに、

「ど け」

と言われたり、
(大阪のおばちゃん最強ww)

Sawagiもキンブラもメンバーが客席にダイブしたので、自分は止めておこうかと躊躇したり、
何だかすっかりネタキャラになっていましたw

それでも、選挙に絡めた真摯な語りをしたり、
マコト側、ちょうど私の真正面に来て歌ってくれた際の表情や、
そして例の「格好いいブーツ」な足元には、やはりグッと来るものがあった。
いいライブ、いいイベントでした。


ライブ後はもちろんラーメンな訳ですが、
以前、十三の「担担」にてラーメンを食べた際、
何だかこちらと似ているな、とふと思ったので、
それを確かめるべく、赴いてみた。


夜ラーメン… 「金龍ラーメン難波千日前店」@なんば

…もちろん金龍ラーメンには行ったこともありますが、こちらの千日前店は初ですw

食券で、

「ラーメン」を買い、食べ放題のごはんとキムチとニラキムチ(写真5枚目)

もたっぷり取って、吹きっさらしのお座敷席でいざ食す。

鶏豚骨のまろやかスープは、濃過ぎもせず意外と旨いものです。
細麺の茹で加減もなかなか良かったし、チャーシューも想像以上にトロトロだった。

寒い中で食べるラーメンは5割増で旨いこともあり、結構満足しました。

ただ、取り過ぎたニラキムチ(かなり辛い)をせっせと消化していたら、
舌が痺れてしまい、最終的には味がよくわからなくなってしまったw
しかしごはんもキムチ(辛くない)をおかず2杯頂き、お腹はいっぱい。ごちそうさまでした。

…ニンニクもたっぷりラーメンに投入したので、
なんばを闊歩する私は、相当臭かったことでしょうww
何、いつもいつでも臭い? わかっとるわ!!www




(余談ながら、タイトルに用いた曲のおかげで、12月の星空の美しさに目覚めた私ですw)
DSC_0111.JPGDSC_0112.JPGDSC_0113.JPGDSC_0119.JPGDSC_0124.JPG
posted by まゆみ at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

Chris○mas Ring

12月14日は、母の53歳の誕生日でした。おめでとう!

…とだけ言い置いて、私はライブに向かうのでございましたw 親不孝者ですww

そんなライブと言うのが、

【tricot】【jizue】【Nabowa 】@滋賀U★STONE

で、何とも京都的なメンツ…と思いきや、
本番中に、何とメンバーの半数ぐらいが滋賀人だと言う衝撃の事実が明かされると言うw

そんな「滋賀づいた」1日を、もちろん食べ物も含めて堪能してきました。
(※鮒寿司は食べてません)


昼ラーメン…「麺屋レノン」@大津

以前訪滋した際に食べて感動したこちらへ再び。
加藤屋とも迷ったが…僅差でこっちかな。

京滋の骨身に凍みるような寒さに、白湯系のメニューにも惹かれたけれど、
やはり清湯系が好きなので、

「しょうゆ」(写真1枚目)

を頼んだ。

一見、本当にシンプルなビジュアルやが、
スープを一口含めば、ほのかな魚介の香りと深みのあるダシ感、
そして醤油の風味が口の中で渾然一体となって、えも言われぬ旨さ!
思わずスープばかり何度も啜ってしまう程。

しかし麺もこれまた逸品で、ツルツルの食感とシコシコの歯ごたえが素晴らしい。
これまた、啜り始めたら止まらないw
チャーシューも食べごたえあり甘味たっぷりでまた旨い。

期待通りのハイクオリティラーメンを、しかと堪能できました。


カフェその1…「madocafe」@浜大津

大津から琵琶湖方面へとテクテク歩き、その湖が見えるカフェとして有名なこちらへ。

明るいナチュラルテイストな店内は、休日だと待ちが出るくらいに混むらしいが、
この日は平日だったので程良く空いており、
更に、湖を臨める窓に面したソファー席に案内されたので気分はホクホク。絶景かな。

そんな心地の中、注文は、

「ニューヨークチーズケーキ」「りんごと柚子のケーキ」と「ブレンドコーヒー」のセット(写真2枚目)

にしました。
ケーキセットは、小さいサイズながらこうして2種類選べるのが何だかお得。

そんなケーキは、チーズケーキのほうはまろやかで、
りんごと柚子のケーキは、ほのかな風味とシャクシャクした食感が良くて、心も和むお味。
コーヒーは若干薄かったけど…まぁいいやw

平日ゆえにか混雑することもなかったので、
フカフカのソファーにふんぞり反りながら、
読書や、湖の眺めをゆっくりと楽しませてもらいました。


その後、実際に琵琶湖に足を運んでみた。
広い水面に浮かぶカモさん、気持ち良さそう(写真3枚目)。


カフェその2…「伽藍堂」@石山

ハコのある石山駅まで出たらば、当然このお茶屋さんへ。
こちらも以前に訪れて感動したお店。

遅めに着いてしまったが快く入れてもらい、
その感動した、

「ミニ和パフェ(緑茶アイスと牛乳アイスを選択)」の「特上煎茶」セット(写真4枚目)

をお願いした。

もちろん今回も、その優しい味わいに心が綻ぶ。
奥深い甘味と風味のあるアイスに、甘さ控え目のこしあんを絡めて食べると、何とも至福。
その合間に飲む煎茶が、また馥郁たる味わいで、よくぞこの国に生まれけり、と思った。

継ぎ足しのお湯も置いておいてくれるので、3杯程頂きながら、ついつい閉店間際までまったり。
もちろん素敵な時間を過ごせたんやが、
店を辞した後の寒さに、ぜんざいとかおしるこにしておけばよかったかな、とはふと思ってしまったw


さて、そこから徒歩僅か5分程のU★STONEへと向かい、ライブを楽しむ。

【tricot】は以前にボロフェスタで観た時よりも心に響いて、
(小さいステージのほうが似合うのかもしれない)
思わずはしゃいでしまった。
小規模ながらモッシュやダイブも起こっていたな。

本命の【jizue】は、序盤こそいつもより勢いがやや弱いかな、と思ったが、
『Tower』『Sun』『En』と進んでいく内に、やはり感情は昂ってくる。
最近よくやっている新曲は、仮タイトルが『dance』だそう。
なのでその通りに踊りましたわよ…私だけw

ラストの『SAKURA』は涙ぐみそうになった程の哀愁っぷりでした。

それが終わったらばビール片手にゆるゆると【Nabowa】観賞。
【tricot】が激情、【jizue】が哀愁、と言った感じなのに対して、
何とも幸福な音を響かせてくれました。


ライブが終わり、終電の時間には意外と余裕があったので、 ラーメンを食べて帰ることに。


夜ラーメン…「ラーメン藤大津石山店」@石山

京滋間に多数展開するチェーン店ですが、実は初訪問。
メニューも内装も「中華料理屋」な香りがプンプンする店で頂いた、

「ラーメン」(写真5枚目)

は、これまた想像通りの、中華料理屋的なお味でしたw

やや薄めの醤油スープ、柔らか目の麺、脂身の全くないチャーシュー…、
何処か懐かしいような感じもして、意外と嫌いな感じではなかったw 580円ならまぁ良し。


そんなラーメンを腹に収めたのち、JRで帰途に着いた訳やが、
思いきり爆睡してしまい、危うく乗り過ごすところだったw
滋賀から姫路まで移動するハメになったらば、もはやちょっとした旅行だわww
DSC_0094.JPGDSC_0100.JPGDSC_0103.JPGDSC_0107.JPGDSC_0110.JPG
posted by まゆみ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

孤○な戦場

さてさて仕事が冬の繁忙期に突入…した割には、
さして忙しくはなく、逆に調子が狂いそうな今日この頃です。

とは言え、従来の公休日も出勤せねばならん日が増えはしたので、
必然的に遊びの予定も少なく…。

そんな中、12月最初のライブとして参加してきたのは、

【SPECIAL OTHERS】@なんばHatch

でございました。

私にとっては、下手すりゃ3年ぶりくらいなこのインストバンドのライブ、
しかし、そんな個豚的ギャップ等何も感じなかったくらい、
ピースフルで幸せな空間でした。

若干落ち込んでいたことがあったんやが、ライブ中は見事にそれが払拭されていた程。
もちろんそれは、食べたものがいずれも美味しかったゆえでもある。
そんな食べレポ、なんばの定番編(?)、お送り致します。


昼ラーメン…「宗家一条流がんこラーメン十八代目」@なんば

最近は谷九の某店に行きがちだった為、ご無沙汰だったこちらに久々に。
頂くのはもちろん定番の、

「えび塩(辛さ25)」(写真1枚目)

でございます。

強い塩気の中にも、じんわりと旨味溢れるスープ、えび油の香ばしさが、やっぱりえも言われず旨いっ!
このスープがよく絡む細縮れ麺も、これまた至高。

訪れる度にチャーシューの形状はマイナーチェンジしている気がしてw、この日はブロック状。
しかしそのとろける食感、染み出る甘味と旨味は変わらずで、やっぱり旨かった。

しばらくのご無沙汰が悔やまれる程、やはり至極旨いラーメンでございました。


カフェ…「純喫茶アメリカン」@なんば

雑誌でホットケーキがよく紹介されている、こちらの純喫茶へ初めて赴く。

大バコな店内は派手レトロな内観ながら、何処か懐かしさも感じる雰囲気(写真2枚目)。
そこを闊歩する黒い制服のウェイターウェイトレスさん達も素敵。
土曜日だけあって、広い店内は9割くらい埋まってはいたものの、
騒がしさは適度に落ち着く程度のレベルで、むしろ心地よいぐらいだった。

注文はもちろん、

「ホットケーキとブレンドコーヒーのセット」に、クーポン利用で付いてくる「プリン」(写真3枚目)

を足して、ちょっと贅沢なおやつタイムを演出してみたw

さて、そんなこちらのホットケーキは、熱々を食べてもらえるようにと、バターを塗ってカットした状態で供される。
なので早速、その一切れを口にしてみると、
何ともふわふわな食感、懐かしいような甘さで、しみじみじんわり美味しい。
ガムシロップのようなシロップも付いてきたけれど、
バターのみで食べたほうが、このホットケーキの美味しさが引き立つように思う。

プリンもまた、何処となく懐かしいお味。生クリームが添えられているのも泣ける。

そして、それらの合間に口に含むコーヒーが、苦味の中に華やかさがあって、これまた美味しい。

ホットケーキ2枚とプリンと言う、なかなかの量を、そのコーヒーのお味にも後押しされて、なんなくペロリ。

美味しくて幸せなティータイムでございました。


さてその後はなんばハッチに赴き、本当に久々なスペアザのライブ!

想像より人がいっぱいで、ステージはほとんど見えず、
踊るのも少し苦労したけれども、
セトリがかなり攻め攻めだったので、テンションが上がり通しで楽しかった!

特に第2部の『PB』→『Good Morning』→『AIMS』の畳み掛けは最強だったな〜。
そして、案の定新譜は未チェックやった訳やが、それでも聴いていて楽しかった。
やっぱりこのバンドは、楽しいだけでなく何だか幸せにもなれる。来て良かった。


そんなライブ後は、千日前通を駆け抜けてw、例の谷九の某店へw


夜ラーメン…「谷町きんせい JUNK STORY」@谷町九丁目

何せ、ツイスターにて行く宣言してしまったのでw頑張って向かいましたw大将にツッコまれたww

21時過ぎくらいに着いたんやが、何と21時半にはスープ切れ…間に合って良かった。

そんなギリギリの状態なれど、お目当ては無事に残っていたので、その、

「背脂煮干醤油(12月偶数日限定)」(写真4枚目)

を頂く。

ダルマさん(この日は残念ながら不在だった)が考案したと言うこちらは、
煮干と昆布を使用した魚介100%のスープながら、
たっぷりの背脂ゆえもあってか、あっさりしつつ物足りなさは全くナシ!
むしろ、大層甘い背脂とじんわり深みのあるダシの絡み合いがクセになりそうな程旨い!!
燕三条系をイメージしたとのことやが、高槻の某店のそれより、私としてはこちらのほうが好み。

例の如く中盛りでお願いした麺ももちろんコシがあって旨いし、レアチャーシュー、サイコロメンマは言うに及ばず。
通常メニューでは見かけないナルトの姿に、「きんせい」グループの片鱗を見たw

これまた満足な一杯でした!
翌週には奇数日限定のメニューも食すつもりです。


そんな翌週は金土と休みなので、
金曜は【jizue】や【Nabowa】を観に滋賀へ、
土曜は【BRAHMAN】や【Sawagi 】を観に再びなんばへ繰り出す予定です。

…何だか12月のライブはインストづいておりますわねw


(今月のライブ関連日記には、「12月」に関する曲のタイトルでいってみようかと計画
しかし私の聴いている中では、あまり数がないのが悩みw)
DSC_0081.JPG20121212_062229.jpgDSC_0084.JPGDSC_0090.JPG
posted by まゆみ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

トレンディマツダ

スマホ水没騒ぎで、動かせる内に写真だけを慌ててupした為、
サボりがちだった日記の間隔が、更に開いてしまいました。
(幸い、スマホは無事に回復しました)

加えて、繁忙期突入による休日削減で、あまり遊びにも行けておらず、食べ物ネタも枯渇…。
(8日土曜日に【SPECIAL OTHERS】のライブでなんばには出たが、その話はまた後日)

と、そんなところに今回の『銀河遊牧史』(【THE BACK HORN】のファンクラブ会報)が届き、
その中の、マツのページにて繰り広げられていた、
「最近の好きな事(人、もの)」特集が、何だかツボだった為、
それに倣って、私も好きな事をここ日記に羅列してみようと思った次第。
最近…と言うよりは、時期的にもはや今年、の話になるかもしれないがw

余談ながらこの遊牧史において、「マツの悪夢」が再び…ww
寒い冬に更なる冷気をもたらしてくれましたwww


◎ローソンのバラ売り鶏から、塩にんにく味

◎トップバリューの2リットルジャスミン茶

◎【沢木耕太郎】の『深夜特急』

◎【高田郁】の『みおつくし料理帖』

◎「ピュアスマイル」の、様々な種類の1枚入りマスク

◎「ピュアファイブ エッセンスマスク」の、30枚入りマスク

◎【Nabowa】【Czecho No Republic】【psybava 】【KANA-BOON】

◎「あす流」「はなやま」「レノン」「やす田」の塩ラーメン

◎「ひだまり菓子店」のスコーン

◎「珈琲 逃現郷」のレギュラーブレンド

◎「セリア」の手ぬぐいラインナップ

◎雑貨店「HANSEL & GRETEL」

◎【THE BACK HORN】の『トロイメライ』『いつものドアを』『ラピスラズリ』

◎「earth music&ecology」の洋服

◎スタンダードブックストア

◎蒼月書房

◎【キドリキドリ】【キュウソネコカミ】のグッズ

◎空気が冷え出した頃からの星空

◎国宝 曜変天目茶碗

◎「サブウェイ」での野菜マシマシ×ジャスミン茶

◎「いち髪」の新シリーズ(オレンジ色のパッケージ)のシャンプーとリンス

◎「Dr.ブロナー」のマジックソープ、ラベンダーorティートゥリーorユーカリの香り

◎西宮神社

◎「瀬戸の汐揚げ」のゆず塩味


…とりあえずこれぐらいにしておくか…。


そして相も変わらず、

◎「和海」「JUNK STORY」のラーメン、
◎「廣屋珈琲店」「カフェバーンホーフ」「喫茶Stove 」のコーヒー
◎【THE BACK HORN】

も、もちろん大好きでございます。
posted by まゆみ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。